hachiroetoの読書ノート

この世の片隅でこっそり書き続けています。一応自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

旅・冒険・突破

【2809冊目】村上春樹『羊をめぐる冒険』

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)作者:村上 春樹講談社Amazon 羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)作者:村上 春樹講談社Amazon 村上春樹、初期の代表作です。一ヶ月まえに妻と離婚し、東京で広告の仕事をしている「僕」は、一枚の写真がきっかけで、羊をめぐる…

【2797冊目】伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)作者:伊坂 幸太郎東京創元社Amazon 大学に入ったばかりの「僕」が、隣の部屋に住む青年に「一緒に本屋を襲わないか」と言われる「現在」のパートと、ペットショップに勤める「わたし」とブータン人のドルジが「ペ…

【2791冊目】乙一『銃とチョコレート』

銃とチョコレート (講談社文庫)作者:乙一講談社Amazon ロイズ。ゴディバ。リンツ。ドゥバイヨル。モロゾフ。ブラウニー。ガナッシュ。共通点は何か、わかりますか?答えは、チョコレート。どれもチョコのブランドか、チョコを使った菓子の名前です。そして、…

【2783冊目】米原万里『マイナス50℃の世界』

マイナス50℃の世界 (角川ソフィア文庫)作者:米原 万里,山本 皓一KADOKAWAAmazon 今朝のニュースで、カナダでは気温がマイナス50℃に達した、と言っているのを見て、この本を思い出しました。ロシア語通訳の達人にして名エッセイスト、米原万里の初の著作で…

【2732冊目】清水潔『殺人犯はそこにいる』

殺人犯はそこにいる (新潮文庫)作者:潔, 清水新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン54冊目。読んでいて、腹が立って仕方がなかった。拷問まがいの「自白」と間違いだらけの「鑑定」で、一人の人間が有罪となり、死刑となる。そんなこと…

【2702冊目】和田竜『村上海賊の娘』

村上海賊の娘(一)(新潮文庫)作者:和田 竜新潮社Amazon 村上海賊の娘(二)(新潮文庫)作者:和田 竜新潮社Amazon 村上海賊の娘(三)(新潮文庫)作者:和田 竜新潮社Amazon 村上海賊の娘(四)(新潮文庫)作者:和田 竜新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊20…

【2694冊目】東野圭吾『疾風ロンド』

疾風ロンド (実業之日本社文庫)作者:東野 圭吾実業之日本社Amazon 出先で読む本がなくなったので、あわててコンビニで買った本(この行動自体どうかと思いますが)。内容もまた、お手軽なコンビニ・エンターテインメントです。炭疽菌を改造した生物兵器を研…

【2686冊目】沢木耕太郎『凍』

凍 (新潮文庫)作者:耕太郎, 沢木新潮社Amazon 山野井泰史と、山野井妙子。トップクライマーの夫婦が挑んだのは、ヒマラヤのギャチュンカンだ。高さは8000メートルをわずかに下回るが、「素晴らしい壁があり、そこに美しいラインを描いて登れる」ことが期待で…

【2678冊目】宇佐美まこと『羊は安らかに草を食み』

羊は安らかに草を食み作者:宇佐美まこと祥伝社Amazon すばらしい小説でした。たまにこういう小説に出会えるから、本読みはやめられません。この小説は、ふたつの「旅」で構成されています。第一の旅の舞台は、現代。認知症になってしまった益恵が施設に入る…

【2631冊目】ダイアナ・ウィン・ジョーンズ『アーヤと魔女』

アーヤと魔女作者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ徳間書店Amazon 宮崎吾郎監督のジブリ最新作の原作。この間アニメを観て、原作はどうなっているんだろう、と気になって読んでみた。ちなみにダイアナ・ウィン・ジョーンズの生前に出版された最後の作品でもあ…

【2624冊目】藤原新也『黄泉の犬』

黄泉の犬作者:藤原 新也文藝春秋Amazon 昨日読んだロレンス・ダレルとはまったく別の意味で、これはすさまじい本だった。なんというか、容赦がない。甘さがない。気の抜けたところがない。著者は写真家だ。以前「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」というフ…

【2618冊目】伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』

陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫)作者:伊坂幸太郎祥伝社Amazon 「陽気なギャング」3作目。なんと前作から9年ぶりの新作とのことですが、テンポや雰囲気は前作そのまま。おなじみの銀行強盗シーンから始まるのは、一瞬で読者を作品世界に引き戻そう…

【2617冊目】 伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)作者:伊坂幸太郎祥伝社Amazon 「年またぎ『陽気なギャング』読破企画」続行中です。今日は2作目の「日常と襲撃」。というわけで、あけましておめでとうございます。2021年ですね。コロナ禍のなか、年が明けてもなか…

【2616冊目】伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)作者:伊坂幸太郎祥伝社Amazon 早いものでもう大晦日ですね。例年にない「静かな年末年始」とのことですが、どっちにしても本を読んでいるだけなので、たいして変化はありません。とはいえ、この「本スタグラム」をは…

【2609冊目】沢木耕太郎『深夜特急1 香港・マカオ』

深夜特急1 ー 香港・マカオ〈文字拡大増補新版〉 (新潮文庫)作者:沢木 耕太郎新潮社Amazon 「アパートの部屋を整理し、机の引出しに転がっている一円硬貨までかき集め、千五百ドルのトラベラーズ・チェックと四百ドルの現金を作ると、私は仕事のすべてを放擲…

【2595冊目】コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』

地下鉄道 (ハヤカワepi文庫)作者:コルソン ホワイトヘッド早川書房Amazon アメリカ南北戦争の前、奴隷制が合法だった時代が舞台。主人公のコーラは3世代前からの奴隷で、ジョージアの農場で働かされているが、あまりに過酷な環境に耐えかね、「地下鉄道」の…

【2591冊目】 前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)作者:前野 ウルド 浩太郎光文社Amazon 書店で表紙を見たときは、ちょっとヤバい人なんじゃないかと思ったけど、読んでみたら、わりとまっとうな「バッタ研究記」でした。ふざけて見えるけど、この著者はけっこうマジメ…

【2577冊目】角幡唯介『空白の五マイル』

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む (集英社文庫) 作者:角幡 唯介 集英社 Amazon 決して本に書いてないことがあります。誰も行ったことのない場所のこと、です。チベットのツアンポー川は、まさにそういう場所でした。 幾多の探検家が…

【2575冊目】ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』

海底二万里 上 (角川文庫) 作者:ジュール・ヴェルヌ,渋谷 豊 発売日: 2016/07/23 メディア: Kindle版 海底二万里 下 (角川文庫) 作者:ジュール・ヴェルヌ,渋谷 豊 発売日: 2016/07/23 メディア: Kindle版 小学生の頃、児童書のダイジェスト版で読んで以来の…

【2564・2565冊目】劉慈欣『三体』『三体2 黒暗森林』

三体 作者:劉 慈欣 発売日: 2019/07/04 メディア: Kindle版 三体Ⅱ 黒暗森林(上) 作者:劉 慈欣 発売日: 2020/06/18 メディア: Kindle版 三体Ⅱ 黒暗森林(下) 作者:劉 慈欣 発売日: 2020/06/18 メディア: Kindle版 久しぶりにSFを読んだら、とんでもない…

【2500冊目】オイゲン・ヘリゲル『弓と禅』

弓と禅 作者:オイゲン・ヘリゲル 発売日: 1981/11/01 メディア: 単行本 弓の名人、阿波研造のもとで5年にわたり弓道を学んだドイツ人著者が、その体験を記した一冊。西洋の論理や合理にどっぷり漬かった著者(実は著者のヘリゲル氏、新カント学派を主に教え…

【2483冊目】上橋菜穂子『精霊の守り人』

精霊の守り人 (新潮文庫) 作者:上橋 菜穂子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/03/28 メディア: 文庫 言わずと知れた、現代日本に生まれた傑作異世界ファンタジー「守り人シリーズ」の第一作である。 ちょうどこの本が出たころはファンタジーから遠ざか…

【2441冊目】筒井康隆『旅のラゴス』

旅のラゴス (新潮文庫) 作者: 筒井康隆 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1994/03/30 メディア: 文庫 購入: 44人 クリック: 360回 この商品を含むブログ (139件) を見る 単行本初版が昭和61年というから、筒井康隆がもっとも破壊力のある作品を書いていたこ…

【2437冊目】ジョン・クラカワー『荒野へ』

荒野へ (集英社文庫) 作者: ジョン・クラカワー,佐宗鈴夫 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2007/03/20 メディア: 文庫 購入: 19人 クリック: 171回 この商品を含むブログ (85件) を見る 裕福な家庭に育ち、大学を優秀な成績で卒業したクリス・マッカンドレ…

【2374冊目】ピーター・トライアス『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上 (ハヤカワ文庫SF) 作者: ピータートライアス,中原尚哉 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2016/10/21 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (10件) を見る ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ…

【2333冊目】ドン・ウィンズロウ『フランキー・マシーンの冬』

フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫) 作者: ドン・ウィンズロウ,東江 一紀 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2010/09/25 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (49件) を見る フランキー・マシ…

【2297冊目】市橋達也『逮捕されるまで』

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録 (幻冬舎文庫) 作者: 市橋達也 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2013/09/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る リンゼイさん殺害容疑で、一時期いろんなところに顔写真が出ていた市橋達也。だが、2年…

【2296冊目】伊藤計劃『ハーモニー』

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA) 作者: 伊藤計劃 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2012/08/01 メディア: Kindle版 購入: 5人 クリック: 29回 この商品を含むブログ (24件) を見る 「大災禍」と呼ばれる災厄の後の近未来世界が舞台というのは、いわゆる「核戦…

【2287冊目】アンディ・ウィアー『火星の人』

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF) 作者: アンディ・ウィアー,小野田和子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/12/08 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログ (37件) を見る 火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF) 作者: アンディ・ウィア…

【2267冊目】芦原伸『へるん先生の汽車旅行』

へるん先生の汽車旅行 小泉八雲と不思議の国・日本 (集英社文庫) 作者: 芦原伸 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/03/17 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る へるん先生とは、小泉八雲こと、かのラフカディオ・ハーン。その通った道を同じように…