自治体職員の読書ノート

自治体で働くソーシャルワーカーが、読んだ本を紹介します。

【2521冊目】荒井裕樹『障害者差別を問いなおす』

  

f:id:hachiro86:20200712200626j:plain

 

『障害と文学』『差別されている自覚はあるか』など、先鋭的な視点で日本の障害者運動や障害者差別の歴史を追い続けてきた著者による、本気の「障害者差別論」。とはいえ、精神障害者知的障害者への差別のこと、障害者権利条約や障害者差別解消法のこと等については少し触れられているだけで、著者自身が「あとがき」で言うように、メインで取り上げられているのは身体障害者、それも脳性マヒ者の団体「青い芝の会」による運動の歴史なのだ。

総花的にならず、あえて一点突破を狙ったものと言えるだろうが、その試みは十分に成功しているように思う。まず、対象を絞って深く論じたことで、テーマが明確になった。さらに、障害者運動の中でももっとも苛烈で先進的な「青い芝の会」を取り上げたことで、運動の最前線と、それでも埋まらない社会の側の「差別」の構造が浮き彫りになった。そして、青い芝の会を扱うことで、結果的に施設収容の問題から社会参加の問題(川崎バス闘争は移動手段の保障の問題であり、すなわち社会参加の問題だった)、さらには出生前診断や優生思想、優生保護法の問題など、幅広くしかも本質的なテーマを扱うことができた。

そして、何より「青い芝の会」のテーゼが、何度読んでも強烈だ。「われらは愛と正義を否定する」「われらは問題解決の途を選ばない」など、世界中を見渡したって、ここまで過激で本質的な主張を展開した運動者はいないだろう。「われらは問題解決の途を選ばない」なんて、BLACK LIVES MATTERのテーゼにしてもいいくらいだ。

そして、こうした闘いの歴史から見えてくる「差別」の正体とは何か。ここで重要になってくるのが、「マジョリティ」と「マイノリティ」をめぐる考察だ。ここでマジョリティとは、単なる「多数派」ではない。著者の言い方に倣えば、それは「社会」や「国」や「人間」と自分を同一視できる存在である。マジョリティに属する人々にとって、差別とは「ほかの人に対して起きている問題」であって、「切実な当事者意識を持たずにやり過ごすことができる」程度のものなのだ。

「マイノリティ」にとってはそうではない。マイノリティにとって、社会や国家とは自分をはじき出し、排除し、疎外するかもしれない存在であり、到底自分と同一視できるものではない。マイノリティにとって、差別とは「自分という個人」に降りかかってくる出来事だ。「買い物に行く、学校に行く、部屋を借りる、銀行口座を作る、誰かを好きになる、その人と共に暮らしたいと思う等々、暮らしの至るところで「他ならぬこの私」に降りかかってくる問題」(p.95)なのである。

この「マジョリティ」と「マイノリティ」の意識の落差が、差別をめぐる議論にすれ違いを生む。たとえば「車椅子のまま一人でバスに乗る」ことが、長らくこの国では認められてこなかった。いや、つい数年前にも、バニラ・エア社の飛行機に乗ろうとした車椅子利用者が、車椅子を降りて搭乗するよう求められ、腕の力でタラップをあがらざるを得なくなるという「事件」があった。その際にSNSなどで、この利用者に対して「ルールを守れ」といった批判が寄せられたという。

この「ルールを守れ」という発言は、典型的な「マジョリティの言葉」ではないだろうか。発言者はおそらく、差別をしているつもりはないだろう。ただ障害者にも、それ以外の人と同じルールを適用すべきだ、と主張しているにすぎない。だが、実はこれこそが「差別」なのである。マジョリティを対象とした「ルール」に従う以上、障害者は飛行機からもバスからも排除されることになる。そのことは、マイノリティである当事者から見れば明らかなのだが、マジョリティは得てして、こうしたことに対する意識が鈍感になってしまう。

青い芝の会は、障害者ではない人を「健全者」という言葉を使って呼んだ。著者はこの言葉について「『健全者』は、障害者から『健全者』と呼びかけられたその瞬間から、障害者差別に対して、第三者的な位置や傍観者的な位置にいることを許されなく」(p.96)なると指摘する。これはまさに、マジョリティという安全なエリアからそこにいる人を引きずり出し、「障害者」と対峙させる、言い換えれば当事者とするためのマジックワードなのである。この社会は「障害者」と「健全者」という2種類の当事者がいるだけなのだ。そこには観客席も、批評家も必要ない。差別をめぐるすべての議論は、ここから始めなければならないのである。

【2520冊目】カート・ヴォネガット『国のない男』

 

国のない男 (中公文庫)

国のない男 (中公文庫)

 

 

以前読んだ『スラップスティック』より、私にはこちらの本のほうがすんなり入ってきた。御年82歳のヴォネガットによるエッセイ集。遺作である。

 

とはいえ、本書には枯れたところ、年齢相応のおとなしさなどカケラもない。痛烈なアメリカ批判。冴えわたるブラックユーモア。軽妙でシュールな独特のセンス。なるほど、これは面白い。特に若者が病みつきになるのも分かる気がする。

 

「われわれが大切に守るべき合衆国憲法には、ひとつ、悲しむべき構造的欠陥があるらしい。どうすればその欠陥を直せるのか、わたしにはわからない。欠陥とはつまり、頭のイカレた人間しか大統領(プレジデント)になろうとしないということだ。これはハイスクールにもあてはまる。クラス委員(プレジデント)に立候補するのは、どう見ても頭のおかしい連中ばかりだ」(p.127)

 

ええと、これはジョージ・ブッシュが大統領だった時に書かれたものだが、今はさらにグレードアップした(何が?)大統領がおりますな。まあ、わが国の首相も、あまり人のことを言えたものではないが。

 

イラクの脅威を主張し、われわれはただ待つしかないのか(いや、こちらから先制攻撃をしかけるべきだ)とする意見への返事。

 

「では、われわれすべてのために、ショットガンを買って―できれば12口径の二連式がいい―隣の家に飛びこんで、その家の人たち(警官を除く)の頭を吹き飛ばしてください。みんな、武装しているかもしれませんから」(p.137)

 

これだけでも、ヴォネガット一流のアイロニーとブラックユーモア、強烈な風刺と批判の片鱗は感じられるのではないか。この「コロナの時代」にヴォネガットが生きていたら、どんなふうにこれを眺めただろう。読みながら、そんなことをふと考えてしまった。

 

【2519冊目】北村喜宣『リーガルマインドが身につく自治体行政法入門』

 

リーガルマインドが身につく自治体行政法入門

リーガルマインドが身につく自治体行政法入門

 

 

冒頭の「小学校3年生の子どもに『役所って何をするところなの?』って聞かれたらどう答える?」という問いにまずドキッとする。あなたなら何と答えますか。

 

この問いから続く第1章「行政とは何者だ?」の説明がすばらしい。まず憲法がある。われわれは憲法のもとでさまざまな権利が保障されているが、実際の法律では、これが一部「抑え込まれて」いる。路上でモノを売るには許可が必要だし、建物を建てるにはいろんな規制をクリアしなければならないし、医者や弁護士など、一部の仕事に就くにはしかるべき資格が必要だ。憲法上の保障を100とすれば、法律ではこれが70くらいになる、と著者は説明する。

 

なぜそうなるかというと、権利というのは他の権利を侵害しない範囲で認められるからだ。これがいわゆる「公共の福祉」の基本原理となる。営業の自由だからと言って有毒物質を垂れ流されては困るし、ライセンスのない人が手術などされては困る。だから法律で制限をする。この法律で認められた70というのは、それ以上は認められないというのと同時に、この分だけは確実に保障されるという意味でもある。

 

ここで登場するのが行政だ。行政の役割には2つのベクトルがある。ひとつは「申請に対して判断をする」こと。申請とは、いわば法律で認められた権利を行使するプロセスだ。それに対して判断し、決定することが、つまりは法律の目的を実現することとなる。もうひとつは「過大な行使を是正する」こと。法律で認められた70を超えた権利の行使があったら、これを70に戻すことである。これらはいずれも、「法律によって保障された権利を100%実現する」ことである。

 

こういう説明は、今までありそうでなかったのではないか。行政の仕事の2つの方向性を的確に整理し、向かうべきビジョンを明示し、われわれの仕事が法律に基づいているという当たり前のことをしっかりと実感させる。さらに、憲法と法律の関係、公共の福祉の理念、政治と行政の役割といった、行政法の基礎のエッセンスも、ここから自在に展開できるのだ。

 

この章に限らず、本書がすぐれているのは、徹頭徹尾、著者自身の言葉で書かれていることだ。実際に目の前で講義を受けているような息遣いとダイナミズムが感じられる(ちなみに本書は、自治大学校での講義がもとになっている)。この手の本の中には、具体的な説明になると、突然条文の引用が連続したり、借り物のような生硬な文章になってしまうものも少なくないが、本書に限ってそんなことはない。

 

もうひとつだけ、感心した例えを紹介したい。分かりにくいと言われる「条例の上乗せ・横出し」について、著者はバックパックを引き合いに出す。今、自分がバックパックを背負っているとする。上乗せとは、そのバックパックにさらに重い荷物を入れるようなもの。一方、横出しとは、バックパックを背負っている人に、新しい荷物を持たせるようなものだと言うのである。

 

う~ん。うまい。感覚的に理解できるところがいい。まあこんな感じで、新人からベテランまでを対象に、行政法の考え方のエッセンスを学べる、イチオシの自治行政法の入門テキストである。

【本以外】選挙事務を終えて

たまには雑談的に。選挙のことなど。

 

この「読書ノート」をお読みの方はご存知だろうが、選挙事務を担っているのは区市町村の職員である。それは国政選挙だろうが、今回のように知事選だろうが同じこと。地方自治法別表の「法定受託事務リスト」を見ていただければ、最初の方に「公職選挙法」が出てくる。ちなみに費用も国持ちだが、最近はだいぶ削られているとか、いないとか。

 

自治体によっても違うかもしれないが、この選挙事務がなかなかハードなのだ。今回の都知事選で言えば、前日の午前中に半日かけて会場設営。ウチの会場は小学校の体育館なので、土足で入れるよう床にロールを敷いたり、机を並べたりする。埃っぽい体育館の地下倉庫から机を20脚も運び出すと、もう汗だくである。バリアフリーではないので、出入り口の階段にスロープを設置する必要もある。

 

午後はいったん帰宅(この間に選管のチェックが入る)。翌日は朝4時起床、5時出発。6時までに、選管事務所へ投票用紙や選挙人名簿などを取りに行かなければならないのだ。交通手段は自家用車。区役所で別の職員とも合流し、2人で投票所まで移動する(自家用車の場合は2人以上で運ぶことになっている)。

 

会場に到着すると6時20分くらい。6時半までには全職員(といっても8人くらい)が集合し、看板を出したり投票用紙をセットしたりと、7時の開場に向けて最後の仕上げ。投票立会人や投票管理者の方々(これはたいてい地元の町内会の方がやってくださっている)が来られたら席に案内。そうそう、警察官もね。警察官は投票が終わるまで、選挙会場にずっと待機してくださっているのだ。

 

7時開場。時報を確認し、投票管理者の合図とともにカランカランと鐘を鳴らす。昭和の時代から全く変わらぬやり方である。すでに待っていた10人ほどを誘導。最初の2人には、投票箱がカラであることを確認してもらわなければならないので、その旨を説明する(空虚確認という)。2人と投票管理者・立会人が確認したら、はじめて投票箱のカギを閉めるのだ。

 

あとはひっきりなしに来られる有権者のみなさまの誘導、整理。今回はコロナ対策で間隔を広めに取ってもらったので、すぐに行列が体育館の外まではみ出してしまう。途中からは雨も降りだす中、傘をさしてお待ちいただくのは心苦しい限り。でも、一件も苦情がなかったのは一安心。われわれはその手のクレームには慣れているが、イライラして怒鳴りだすような人がいると、周りの雰囲気まで険悪になるからね。

 

休憩は交代で取る。1回15分程度を午前1回、午後1回。あとは昼食休憩、夕食休憩がそれぞれ30分くらい。学校事務の方が、休憩用の空き教室にお湯を用意し、インスタントのお茶やコーヒーを置いてくださっている。感謝。食事は弁当。以前は出前を取っていたらしいが、その店はつぶれてしまったとのこと。コロナの影響だろうか。心配だ。

 

それ以外は、定期的に選管に投票者数を報告したり、ときどき来られる視覚障害のある方や車椅子の方の誘導を手伝ったり、雨が降ってきたら傘袋やポリバケツを用意したりモップで床を拭いてすべらないようにしたり、暗くなったら外に誘導灯を置いたり、今回限りかもしれないが記載台や筆記具の消毒作業などに追われたりしていると、あっという間に午後8時。やはり時報を確認し、1分前から鐘を鳴らし、時間ジャストで入口を閉める。以前は1分ほど遅れてきた方が投票させろと強硬におっしゃったこともあったが、今回は2分ほど前に駆け込んできた方がおられたくらいで一安心。学校の敷地内に8時までに入っていたら投票させなければならないが、入口が2か所あってどちらも体育館からは見えづらいので、滑り込みの方への対応はけっこう大変だ。

 

終わったら座る間もなく投票箱を施錠、投票用紙の残り枚数を確認、カウンターと照合してその日の投票者数を確定、選管に報告。タクシーが来ているので投票箱や名簿、パソコンを積み込む。私はタクシーには乗らないが、開票事務があるので片づけを途中で切り上げてダッシュで車へ。8時20分。8時50分までには開票所にいなければならぬ。飛ばしたいところだが、学校近くの道は狭く、暗い。以前の選挙では電柱にサイドミラーをこすってしまったことがある。サイドミラーくらいならいいが、事故を起こしたらシャレにならん。急いでゆっくり運転しつつカーラジオをON。出口調査で再選確実との報を聞き、これからの作業のむなしさを思う。

 

開票所の駐車場に到着。以前は駐車場が満杯で近くのコインパーキングを借りたが、今回は停められた。よかった。会場にはすでにたくさんの職員が。開票から加わる人もいて元気そうだ。投票所から駆け付けた職員はみな疲れた表情だが、そうも言っていられない。さあ、第2ラウンドだ。

 

これも今回からの措置で、手袋を着用。指先にぴったり吸い付くようなタイプだが、それでも一枚一枚分けて確認するのは骨が折れそうである。8時50分、開票開始。30分くらいは椅子に座れず立ち作業となる。詳細はここには書けないが、業務が終わった職員から順次解散。私が解放されたのは10時50分くらいで、これはかなり早い方。国政選挙だと日をまたぐこともめずらしくない。まあ、それでも徹夜続きの選管職員に比べれば楽だと思う。本当にお疲れ様。

 

車に乗り込み、帰路へ。眠気がヤバいので途中でコンビニに寄りエナジードリンクを購入。止んでいた雨もまたザンザン降ってくる。0時20分、帰宅。身体をさっと拭き、そのままベッドへ。明日はもちろん通常勤務。

 

若い頃はそれでも平気だったが、最近はさすがにこたえる。報酬より、やっぱり土日は休みたい。早く電子投票にならないかなあ。それなら開票は1秒で終わるのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2518冊目】小川洋子『ブラフマンの埋葬』

 

ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)

ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)

  • 作者:小川 洋子
  • 発売日: 2007/04/13
  • メディア: 文庫
 

 

ブラフマンとは、本書の説明ではサンスクリット語で「謎」という意味。だが実際は、ヒンドゥー教の宇宙原理を指す。だから「ブラフマンの埋葬」とはものすごく深遠なタイトルなのであるが、読んでみると予想を裏切って、コミカルでチャーミングな謎の動物「ブラフマン」と「僕」の交流を描くハートウォーミングな物語なのだ。

「僕」は芸術家のための建物「創作者の家」の世話人だ。そこに来るのは碑文彫刻師、クラリネット奏者、レース編み作家など(この職業選択は、のちの小川洋子にくらべるとずいぶんおとなしい)。そして「僕」はどうやら、近くの雑貨屋の娘が気になっているらしい。

本書は『博士の愛した数式』と同時期に刊行され、泉鏡花賞を受けた。いわば小川洋子出世作だ。後の作品に見られるような、壊れやすい異世界に迷い込んだような独特の感覚はそれほど感じられず、むしろ本書の少し後に出た『ミーナの行進』に通じる、明るくユーモラスな作風の作品である。

とはいえ、ブラフマン以外に名前の付いた登場人物がいないこと、ブラフマンの「正体」が最後までよくわからないことなど、この作品世界は、やはりどこか変わっている。エドワード・ゴーリーあたりが絵本に仕立ててくれたら似合いそうだ。

 

 

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

 

 

 

ミーナの行進 (中公文庫)

ミーナの行進 (中公文庫)

  • 作者:小川 洋子
  • 発売日: 2009/06/01
  • メディア: ペーパーバック