hachiroetoのものぐさ遊読帖

自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

著者別インデックスはコチラ

【工事中】 [ア行] [カ行] [サ行] [タ行] [ナ行] [ハ行] [マ行] [ヤ行] [ラ・ワ行、その他]

【2709冊目】畠中恵『てんげんつう』

てんげんつう作者:恵, 畠中新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン31冊目。上は、なぜか文庫の画像が出てこなかったので、単行本バージョンになってます。前回紹介した『しゃばけ』に続き、今度はシリーズの18冊目。なんと刊行20年目との…

【2708冊目】畠中恵『しゃばけ』

しゃばけ(新潮文庫)【しゃばけシリーズ第1弾】作者:畠中恵新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン30冊目。もう何冊でているのかわからない「若だんな」シリーズの第一作です。江戸時代を舞台に、妖怪が見えてしまう虚弱体質の「若だん…

【2707冊目】星新一『妄想銀行』

妄想銀行(新潮文庫)作者:星 新一新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン29冊目。安定の星新一クオリティ。さすがにいろいろ読んでいると、ラストの予想がついてしまうものもありますが、一つとしてつまらないと思える作品がないのはさ…

【2706冊目】七月隆文『ケーキ王子の名推理』

ケーキ王子の名推理(新潮文庫)作者:七月 隆文新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン28冊目。ケーキ好きで単純素朴な女子高生の未羽は、失恋の痛手を癒やそうとたまたま入ったケーキ屋で、学校一のイケメンだが女の子には冷たいので「…

【2705冊目】宮本輝『錦繍』

錦繍(きんしゅう) (新潮文庫)作者:宮本 輝新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン27冊目。昨日紹介した『白いしるし』と同じ、30代の女性が主人公。でも、その二人の、なんと違うことか。『白いしるし』の夏目さんは、よく言えば若々しく…

【2704冊目】西加奈子『白いしるし』

白いしるし (新潮文庫)作者:西 加奈子新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン26冊目。こういう本を読むと、恋愛というものからずいぶん遠ざかったものだなあ、と思う。一人の人をここまで好きになることの、溶けるような幸福。その相手に…

【2703冊目】川端康成『雪国』

雪国(新潮文庫)作者:川端康成新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン25冊目。例によって若かりし頃に読みましたが、ピンと来なかった一冊です。むしろ「片腕」や「眠れる美女」の妖しさのほうが分かりやすく、惹かれるものがありました…

【2702冊目】和田竜『村上海賊の娘』

村上海賊の娘(一)(新潮文庫)作者:和田 竜新潮社Amazon 村上海賊の娘(二)(新潮文庫)作者:和田 竜新潮社Amazon 村上海賊の娘(三)(新潮文庫)作者:和田 竜新潮社Amazon 村上海賊の娘(四)(新潮文庫)作者:和田 竜新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊20…

【2701冊目】アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』

老人と海(新潮文庫)作者:ヘミングウェイ新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン23冊目。ちなみに「100冊」に入っているのは新訳ですが、今回はなじみの深い福田恆存訳で再読しました(だから表紙も旧バージョン)。多くの人が最初に触…

【2700冊目】森見登美彦『太陽の塔』

太陽の塔(新潮文庫)作者:森見登美彦新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン22冊目。モリミーこと森見登美彦のデビュー作。男ばかりで固まって悶々とし、アホな計画にうつつを抜かしつつ、実は誰よりもナイーブで、失恋に傷つき、必死に…

【2699冊目】吉本ばなな『キッチン』

キッチン作者:吉本ばなな幻冬舎Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン21冊目。「わたしがこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う」という書き出しから、一挙に引き込まれる。主人公のみかげの孤独が、一緒に暮らす雄一の孤独としずかに共鳴…

【2698冊目】知念実希人『天久鷹央の推理カルテ』

天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)作者:知念 実希人新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン20冊目。「泡」「人魂の原料」「不可視の胎児」「オーダーメイドの毒薬」が収められたメディカル・ミステリー短編集です。全体の印象をひとこ…

【2697冊目】アルベール・カミュ『異邦人』

異邦人 (新潮文庫)作者:カミュ新潮社Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン19冊目。大学生の頃、一度読みましたが、その時はなぜこれが文学史上に残る名作と言われるのか、あまりピンときませんでした。唐突な殺人に至る前半は退屈で、後半の…

【2696冊目】サン=テグジュペリ『星の王子さま』

星の王子さま (新潮文庫) 作者:サン=テグジュペリ 新潮社 Amazon 「新潮文庫の100冊2021」全冊読破キャンペーン第1投にして、18冊目。まずはこのあたりから始めましょうか。 超有名な一冊ですね。私も何度も読んできましたが、『夜間飛行』や『人間の大地』…

【本以外】「新潮文庫の100冊」コンプリート企画をスタートします!

夏シーズン恒例の「文庫100冊企画」が、書店を賑わしておりますね。 今までこの手の企画にはあまり食指が動かなかったのですが、こないだラインナップを眺めていたら、知らないうちに読んだことのない作家さん、聞いたことのないタイトルがだいぶ増えており…

【2695冊目】今邑彩『ルームメイト』

ルームメイト (中公文庫)作者:今邑 彩中央公論新社Amazon ※ネタバレがありますのでご注意ください。突然消えたルームメイトの麗子。部屋の電話をリダイヤルすると、つながったのは同棲相手がいなくなったという男性だった。そして主人公の春海は、麗子が二重…

【2694冊目】東野圭吾『疾風ロンド』

疾風ロンド (実業之日本社文庫)作者:東野 圭吾実業之日本社Amazon 出先で読む本がなくなったので、あわててコンビニで買った本(この行動自体どうかと思いますが)。内容もまた、お手軽なコンビニ・エンターテインメントです。炭疽菌を改造した生物兵器を研…

【2693冊目】宮﨑雅人『地域衰退』

地域衰退 (岩波新書 新赤版 1864)作者:宮崎 雅人岩波書店Amazon 最初に、ギョッとするデータが示される。この20年間で、もっとも人口が減ったのは、奈良県川上村と北海道夕張市の49.0%。川上村は労働力人口も63.2%減少している。人口減少数では、福岡県北…

【2692冊目】齋藤亜矢『ヒトはなぜ絵を描くのか』

ヒトはなぜ絵を描くのか――芸術認知科学への招待 (岩波科学ライブラリー)作者:齋藤 亜矢岩波書店Amazon 岩波化学ライブラリーの一冊。100ページほどの薄い本ですが、内容は充実しています。「絵を描く」ことは、ヒトであれば幼児のころから当たり前のようにや…

【2691冊目】劉慈欣『三体III 死神永生』

三体Ⅲ 死神永生 上作者:劉 慈欣早川書房Amazon 三体Ⅲ 死神永生 下作者:劉 慈欣早川書房Amazon 中国生まれのSF巨篇『三体』の完結編。相変わらず、予想を裏切り続ける展開が読者を飽きさせない。VRを取り入れつつ、地球を舞台に人類同士の戦いを描いた『三体…

【2690冊目】中村文則『去年の冬、きみと別れ』

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)作者:中村文則幻冬舎Amazon 2人の女性を殺害し、死体を焼いたとされる男性へのインタビューで、この小説は始まります。でも、どこかおかしい。「資料」として突然挿入される、奇妙な手紙。何度も投げかけられる「君には無…

【2689冊目】こうの史代『ぼおるぺん古事記』

ぼおるぺん古事記 (一)天の巻作者:こうの 史代平凡社Amazon ぼおるぺん古事記 (二): 地の巻作者:こうの 史代平凡社Amazonぼおるぺん古事記 三: 海の巻作者:こうの 史代平凡社Amazon すばらしい一冊、いや三冊だ。『この世界の片隅に』で戦時下の日常を丹念…

【2688冊目】茨木のり子『倚りかからず』

倚りかからず (ちくま文庫)作者:茨木 のり子筑摩書房Amazon 茨木のり子の詩は、まっすぐに心に突き刺さる。平易な言葉が組み合わされているだけなのに、一見、散文のようなのに、実は、極限まで研ぎ澄まされ、削ぎ落とされている。なんというか、言葉の純度…

【2687冊目】村木厚子『公務員という仕事』

公務員という仕事 (ちくまプリマー新書)作者:村木厚子筑摩書房Amazon 元・厚生労働事務次官という肩書からは意外なことに、この本にはとても好感がもてた。おそらくとても真面目で、でも適度なユーモアがあって、温かい人柄なのだろう。そのことは本書から…

【2686冊目】沢木耕太郎『凍』

凍 (新潮文庫)作者:耕太郎, 沢木新潮社Amazon 山野井泰史と、山野井妙子。トップクライマーの夫婦が挑んだのは、ヒマラヤのギャチュンカンだ。高さは8000メートルをわずかに下回るが、「素晴らしい壁があり、そこに美しいラインを描いて登れる」ことが期待で…

【2685冊目】ギ・ド・モーパッサン『オルラ/オリーヴ園』

オルラ/オリーヴ園 モーパッサン傑作選 (光文社古典新訳文庫 Aモ 2-4)作者:モーパッサン光文社Amazon モーパッサン晩年の短篇集。「ラテン語問題」「オルラ」「離婚」「オトー父子」「ボワテル」「港」「オリーヴ園」「あだ花」の8篇が収められている。際…

【2684冊目】乙一『夏と花火と私の死体』

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)作者:乙一集英社Amazon 今や有名作家の一人になった乙一だが、本書が世に出たときは、16歳の少年が書いたとは信じられないクオリティと斬新さが話題をさらったものだった。私も当時読んでびっくりしたのを覚えている。その時…

【2683冊目】トルーマン・カポーティ『冷血』

冷血 (新潮文庫)作者:トルーマン カポーティ新潮社Amazon 5年にわたる取材をもとに、実際に起きた事件を描く。今では珍しくもないクライム・ノンフィクションの手法だが、当時は斬新だった。もっとも著者自身はこの本を「ノンフィクション・ノヴェル」と呼…

【2682冊目】宇佐美まこと『展望塔のラプンツェル』

展望塔のラプンツェル作者:宇佐美 まこと光文社Amazon こないだ読んだ『羊は安らかに草を食み』がとても良かったので、同じ著者の作品ということでコチラを読んでみました。いやあ、驚きました。同じ作者とは思えないほど、「羊」とはまったくトーンが違いま…