hachiroetoのものぐさ遊読帖

自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【2687冊目】村木厚子『公務員という仕事』

公務員という仕事 (ちくまプリマー新書)作者:村木厚子筑摩書房Amazon 元・厚生労働事務次官という肩書からは意外なことに、この本にはとても好感がもてた。おそらくとても真面目で、でも適度なユーモアがあって、温かい人柄なのだろう。そのことは本書から…

【2686冊目】沢木耕太郎『凍』

凍 (新潮文庫)作者:耕太郎, 沢木新潮社Amazon 山野井泰史と、山野井妙子。トップクライマーの夫婦が挑んだのは、ヒマラヤのギャチュンカンだ。高さは8000メートルをわずかに下回るが、「素晴らしい壁があり、そこに美しいラインを描いて登れる」ことが期待で…

【2685冊目】ギ・ド・モーパッサン『オルラ/オリーヴ園』

オルラ/オリーヴ園 モーパッサン傑作選 (光文社古典新訳文庫 Aモ 2-4)作者:モーパッサン光文社Amazon モーパッサン晩年の短篇集。「ラテン語問題」「オルラ」「離婚」「オトー父子」「ボワテル」「港」「オリーヴ園」「あだ花」の8篇が収められている。際…

【2684冊目】乙一『夏と花火と私の死体』

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)作者:乙一集英社Amazon 今や有名作家の一人になった乙一だが、本書が世に出たときは、16歳の少年が書いたとは信じられないクオリティと斬新さが話題をさらったものだった。私も当時読んでびっくりしたのを覚えている。その時…

【2683冊目】トルーマン・カポーティ『冷血』

冷血 (新潮文庫)作者:トルーマン カポーティ新潮社Amazon 5年にわたる取材をもとに、実際に起きた事件を描く。今では珍しくもないクライム・ノンフィクションの手法だが、当時は斬新だった。もっとも著者自身はこの本を「ノンフィクション・ノヴェル」と呼…

【2682冊目】宇佐美まこと『展望塔のラプンツェル』

展望塔のラプンツェル作者:宇佐美 まこと光文社Amazon こないだ読んだ『羊は安らかに草を食み』がとても良かったので、同じ著者の作品ということでコチラを読んでみました。いやあ、驚きました。同じ作者とは思えないほど、「羊」とはまったくトーンが違いま…

【2681冊目】木下是雄『理科系の作文技術』

理科系の作文技術(リフロー版) (中公新書)作者:木下是雄中央公論新社Amazon タイトルも変えて、心機一転再開します。前から見守ってくれている方々からは「またかよ」と言われそうですが、こうして戻ってこられる場があるからこそ、いろいろトライできるわ…

【2680冊目】宮部みゆき『あかんべえ』

あかんべえ(上) (新潮文庫)作者:みゆき, 宮部新潮社Amazon あかんべえ(下) (新潮文庫)作者:みゆき, 宮部新潮社Amazon 時代小説で人情モノ、お化けも登場しミステリ要素もたっぷりと、こう書いてみるといかにも盛りだくさんなのだが、それを感じさせずす…

【2679冊目】津止正敏『男が介護する』

男が介護する 家族のケアの実態と支援の取り組み (中公新書)作者:津止正敏中央公論新社Amazon 息子や夫が介護をやっている、と聞くと、ケアマネや包括職員など、多くの福祉関係者が警戒モードになる。他人の干渉を嫌う、「俺流」の介護にこだわる、家族会に…

【2678冊目】宇佐美まこと『羊は安らかに草を食み』

羊は安らかに草を食み作者:宇佐美まこと祥伝社Amazon すばらしい小説でした。たまにこういう小説に出会えるから、本読みはやめられません。この小説は、ふたつの「旅」で構成されています。第一の旅の舞台は、現代。認知症になってしまった益恵が施設に入る…

【2677冊目】ジョージ・フリードマン『100年予測』

100年予測作者:ジョージ フリードマン早川書房Amazon 地政学の本が、書店でも最近目立つようになってきた。内容は玉石混淆だが、地政学のおもしろさと凄みを知りたければ、ジョージ・フリードマンをオススメしたい。アメリカで「影のCIA」の異名をもつ情報分…

【2676冊目】ケン・リュウ『紙の動物園』

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)作者:ケン リュウ早川書房Amazon 現代SFを代表する名作。とはいえ本書のセレクションは、SFというより、どちらかというとファンタジーに近い。あるいは「寓話」というのが、一番近いかもしれない。ただしそれは、どこか…

【2675冊目】こうの史代『この世界の片隅に』

この世界の片隅に : 上 (アクションコミックス)作者:こうの史代双葉社Amazon この世界の片隅に : 中 (アクションコミックス)作者:こうの史代双葉社Amazon この世界の片隅に : 下 (アクションコミックス)作者:こうの史代双葉社Amazon はい。オールタイムベ…

【2674冊目】ショーン・タン『セミ』

セミ作者:ショーン・タン河出書房新社Amazon ショーン・タンの絵本はどれも絶品ですが、これは、その中ではやや大人向けの、皮肉の効いた一冊。主人公のセミは17年間、人間たちの会社でデータ入力の仕事をやっています。欠勤もミスもなく、でも「人間ではな…

【2673冊目】『牧野富太郎 なぜ花は匂うか』

牧野富太郎 なぜ花は匂うか (STANDARD BOOKS)作者:富太郎, 牧野平凡社Amazon 草花にはとんと疎い私ですが、牧野富太郎のことはずっと気になっていました。日本植物学の父であり、94年の生涯を植物学に捧げてきた人物です。本書はその牧野植物学の入門書。最…

【2672冊目】平安寿子『こっちへお入り』

こっちへお入り (祥伝社文庫)作者:平 安寿子祥伝社Amazon 落語にハマっていくOLさんのお話です。小説としては、いささかとりとめのない印象。使えない新人の話、家族の揉め事の話、友人の失恋の話など、トピックとしては色々出てきますが、どれもあまり深ま…

【2671冊目】鬼海弘雄『世間のひと』

世間のひと (ちくま文庫)作者:鬼海 弘雄筑摩書房Amazon 東京・浅草、浅草寺。著者は、1973年から40年にわたり、そこに行き交う人を撮り続けた。撮られているのは、ほとんどが無名の人ばかり。言うなれば、私が普段すれ違っている人、電車で乗り合わせた人と…

【2670冊目】白洲正子『両性具有の美』

両性具有の美 (新潮文庫)作者:正子, 白洲新潮社Amazon 解説で大塚ひかりが書いているとおり、「両性具有」とはいっても、本書に書かれているのはすべて「男性の女性化」としての両性具有の話であって、しかも題材はほとんど日本の歴史や物語からのものである…

【2669冊目】ギュスターヴ・フローベール『ボヴァリー夫人』

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)作者:ギュスターヴ フローベール新潮社Amazon 美しい人妻エンマは、平凡な夫に飽きていた。夢見ていたようなロマンティックな結婚生活が得られず、ついつい浮気に走ってしまう。最初は、女遊びに慣れた中年イケメンのロドルフに誘…

【2668冊目】西智弘編著『社会的処方』

社会的処方: 孤立という病を地域のつながりで治す方法作者:西 智弘,藤岡 聡子,横山 太郎,守本 陽一,森田 洋之,井階 友貴,村尾 剛志学芸出版社Amazon 認知症や鬱病、運動不足といった問題があって病院に行っても、ふつうは薬を処方されて終わりです。相談セン…

【2667冊目】中山七里『連続殺人鬼カエル男』

連続殺人鬼カエル男 (宝島社文庫)作者:中山七里宝島社Amazon 以下、ネタバレに近い記述がありますので、未読の方はご注意ください。.........う〜ん。ミステリとしては面白いのかもしれないけど、私には合わなかったようです。欠陥が目につきすぎて、謎解き…

【2666冊目】 さくらももこ『もものかんづめ』

もものかんづめ (集英社文庫)作者:さくらももこ集英社Amazon いや〜、こりゃやばかった。面白すぎる。電車の中で読んでいて、プルプル震えてしまった。さくらももこの日常を描いたエッセイなのだが、とにかく何気ない出来事やその時の感覚を言語化するのがう…

【2665冊目】五十嵐大介『魔女 第1集』

魔女 (IKKI COMIX)作者:五十嵐大介小学館Amazon イスタンブールを舞台に、糸を紡ぐ遊牧民の娘シラルと、バザールの地下に眠る怨敵に呼びかけるニコラの「二人の魔女」を描く「SPINDLE」。熱帯雨林に住む呪術師クマリと、開発のためやってくる兵士たちを描く…

【2664冊目】野矢茂樹『語りえぬものを語る』

語りえぬものを語る (講談社学術文庫)作者:野矢茂樹講談社Amazon 「語りえぬものを語る」。ずいぶん奇妙なタイトルです。だいたい「語りえない」=「語ることができない」ものを「語る」とは何事でしょうか。タイトル自体が矛盾しています。不可能です。しか…

【2663冊目】アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』

カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫)作者:アンソニー・ホロヴィッツ東京創元社Amazon カササギ殺人事件〈下〉 (創元推理文庫)作者:アンソニー・ホロヴィッツ東京創元社Amazon アンソニー・ホロヴィッツの名を知らしめた一冊にして、前代未聞の「ダブル・…

【2662冊目】寺山修司・宇野亜喜良『壜の中の鳥』

壜の中の鳥作者:寺山 修司アートンAmazon 「なぞなぞ たてろ 同じ鳥でも飛ばないとりはなあんだ? それはひとり という鳥だ」寺山修司の文章と、宇野亜喜良の絵がコラボした一冊です。挿絵ではあるのですが、叙情と叙情が響き合って、なんともふしぎな世界を…

【2661冊目】島田昌和『渋沢栄一』

渋沢栄一――社会企業家の先駆者 (岩波新書)作者:島田 昌和岩波書店Amazon サブタイトルに「社会企業家の先駆者」とあったので、ソーシャルアントレプレナーとしての渋沢栄一について知ることができるのではないかと考え、手に取りました。渋沢栄一は社会福祉…

【2660冊目】高野文子『るきさん』

るきさん (ちくま文庫)作者:高野 文子筑摩書房Amazon 「るきさん」はたぶん30代くらいの、一人暮らしの女性です。仕事は在宅ワークの医療事務で、1ヶ月分の仕事が1週間で終わってしまうので、あとは図書館に行ったり、郵便局に行ったり(切手集めが趣味ら…

【2659冊目】ジョゼ・サラマーゴ『白の闇』

白の闇 (河出文庫)作者:ジョゼ・サラマーゴ河出書房新社Amazon これは、すごい。とんでもない小説だ。突然目の前が真っ白になり失明する、謎の感染症。政府は、目が見えなくなった人々を、かつて精神病院だった建物に収容する。外には銃を構えた兵士。食事が…

【2658冊目】南木佳士『からだのままに』

からだのままに (文春文庫)作者:南木 佳士文藝春秋Amazon 医師であり、作家でもある著者が、これまでの半生を振り返って綴るエッセイです。特に派手だったり面白い話があるというわけではないのですが、どのエッセイも、じんわりと身体に沁み込むような味わ…