自治体職員の読書ノート

自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【2708冊目】畠中恵『しゃばけ』



新潮文庫1002021」全冊読破キャンペーン30冊目。


もう何冊でているのかわからない「若だんな」シリーズの第一作です。江戸時代を舞台に、妖怪が見えてしまう虚弱体質の「若だんな」の活躍と成長を描く時代+妖怪+ミステリです。


ゲゲゲの鬼太郎』から『妖怪ウォッチ』まで、日本人はホントにこういうのが好きなんですねえ。本書に出てくる妖怪たちも、助さん格さんポジションの犬神に白沢、小鬼のような鳴家に鈴の音と現れる鈴彦姫など、あまりシリアスにならず、むしろみごとにキャラクター化しています。


だが、それを言えば本書でも重要な役割を演じる、モノが妖怪化する「付喪神」のように、そのへんのモノが妖怪やら神様になるのが日本なのですね。


そんな妖怪たちに囲まれた若だんな、一太郎は、あまりに過保護に育てられすぎていて、ちょっとかわいそう。でも、その中で体は弱いけどいざとなると勇気を発揮する若だんなは、なかなかカッコいい。周囲の人物も含め、シリーズ化されるのも納得の魅力です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!