自治体職員の読書ノート

読むために書くのか、書くために読むのか。

【本以外】私的2018年ベスト10


わが自治体は今日が御用納め。この読書ノートも、今日が御用納め。


とはいっても、8月に再開したばかりだし、最近は更新頻度も低めなので、取り上げた本は50冊ちょい。なので、その間の総括として、10冊をピックアップしてみたい。


ベスト10の形にはなっているが、順位はわりと適当、直感です。現時点で印象に残っている度合いの強さだと思ってください。なので、時期が近い方がやや有利かも。では、まいりましょう。

 


第10位

【2248冊目】押川剛『「子供を殺してください」という親たち』

hachiro86.hatenablog.com

こういう現実がある、というところから始めなければならない、という本である。


第9位

【2265冊目】マーカス・デュ・ソートイ『知の果てへの旅』

hachiro86.hatenablog.com

知の臨界点を探る一冊。もっと上位に入れてもよかったが、自分の理解度を加味するとこのへんか。

 

第8位

【2261冊目】ブレイディみかこ『子どもたちの階級闘争

hachiro86.hatenablog.com

他人事とは思えない、底辺保育所の切実な事情。貧困って何なのか。

 

第7位

【2273冊目】サイ・モンゴメリー『愛しのオクトパス』

hachiro86.hatenablog.com

最近話題の『タコの心身問題』につながる一冊か。ソフトだが示唆に富む。

 

第6位

【2276冊目】エイミー・E・ハーマン『観察力を磨く名画読解』

hachiro86.hatenablog.com

文字どおり、物の見え方が一変する一冊。そういえば最近また観察を怠っている。

 

第5位

【2287冊目】アンディ・ウィアー『火星の人』

hachiro86.hatenablog.com

あなどっていたらムチャクチャ面白かった。ロビンソン・クルーソーの100倍ハード。

 

第4位

【2271冊目】森田真生『数学する身体』

hachiro86.hatenablog.com

著者を現代の岡潔と呼びたい。100年後に残る一冊だろう。

 

第3位

【2293冊目】テッド・チャンあなたの人生の物語

hachiro86.hatenablog.com

めったにない小説体験。希少種の動物にいきなり森の中で出会ったような。

 

第2位

【2253冊目】南直哉『老師と少年』

hachiro86.hatenablog.com

人生の指針になるような一冊にはそうそう出会えない。これはそういう本。

 

第1位

【2284冊目】スタニスワフ・レムソラリス

hachiro86.hatenablog.com

 

 ソラリスは、読んだ後より時間が経ってから、ああ、あれはとんでもない小説だったなあ、と思い出すことが多かった。そういう本です。

 

 

では、今年はこのへんで。来年もまた、良き本に出会えますように。