hachiroetoのものぐさ遊読帖

自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【2620冊目】アンソニー・ホロヴィッツ『その裁きは死』


『メインテーマは殺人』に続く、元刑事ホーソーンが探偵役の推理小説。そう、この本は「ミステリ」ではなく「推理小説」という古式ゆかしい呼び名がふさわしい。


すべての手がかりを明確に読者の前に並べてみせる、徹底したフェアプレイ精神。前作同様、クリスティばりの鮮やかな「典型的」人物描写。王道の推理小説のパターンを踏破しつつ、なお新たな仕掛けを試みる独創性。いずれも完璧だ。


そして前作以上に、至るところに散りばめられた、シャーロック・ホームズへのオマージュ! 特にホーソーンの次のセリフには驚喜した。


「ありえないことを排除していけば、最後に残るのは、どんなに信じられないことであっても、それが真実なんですよ」(p.405)


同時代にコナン・ドイルアガサ・クリスティがいたら、と思ったことはないだろうか。後世の人は、たぶんこう思うはずだ。「同時代にアンソニーホロヴィッツがいたらなあ!」


リアルタイムで新作が読める喜びをかみしめたい。