hachiroetoのものぐさ遊読帖

自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【2711冊目】三浦しをん『きみはポラリス』



新潮文庫1002021」全冊読破キャンペーン33冊目。


読んでびっくりしました。三浦しをんは『舟を編む』など何冊かを読んだ印象では、どちらかというとライトでコミカルなお仕事小説のイメージが強かったのですが、こんなに緊密で高濃度の作品が書けるとは。


ポラリスとは、北極星のこと。全天の中心であり、不動の道しるべです。本書はそんな北極星のような相手のいる人たち(あ、ある作品では「犬」ですが)を綴った短篇集。


恋愛小説といえばそうなのですが、本書で描かれる恋愛は一筋縄ではいきません。中でも印象に残ったのは、復讐と浮気が絡み合う不気味な「ペーパークラフト」や、自分を(そのつもりなく)誘拐した男を想う女の子の気持ちを透明感のある文章で綴った「冬の一等星」でしょうか。許されざる兄妹愛をしんみりと描いた「裏切らないこと」も忘れられません。


それと、同じ登場人物の現在と過去をそれぞれ描いた、冒頭とラストの作品が、なんとも切ないですね。恋多き男を好きになってしまった男の片想い。「永遠に完成しない二通の手紙」「永遠につづく手紙の最初の一文」というタイトルも絶妙です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!