hachiroetoの読書ノート

この世の片隅でこっそり書き続けています。一応自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【2589冊目】マーク・ハッドン『夜中に犬に起こった奇妙な事件』


「ぼく」は特別支援学校に通う15歳の少年だ。数学が得意で、今度数学の上級試験を受ける。だからこの本の章番号は全部素数になっている。


人の感情を読み取るのは苦手だ。人に触られるのも嫌いで、突然触られると殴ってしまうこともある。黄色いものと茶色のものが嫌いで、シャーロック・ホームズが好きだけど、『バスカヴィルの犬』で犬が撃ち殺されるところは好きではない。なぜなら犬はなにも悪くないのに殺されたから。


本書は稀有の小説だ。知能は高いがコミュニケーションに課題を抱える、一般には発達障害高機能自閉症と言われるであろう少年の一人語りで、その内面の世界を、この上なくみずみずしく描き出した。


そのうえ、本書はミステリでもあり、冒険譚でもある。「ぼく」は近所の犬を殺した犯人を探そうとする。父親の秘密に気付き、ある目的をもってひとりでロンドンに行く。騒がしくごちゃごちゃしたロンドンでの「ぼく」の探索行は、この本の白眉である。


誰にでも読んでほしいと思う本には、めったに出会えない。本書はそういう数少ない本のひとつ。愛しく、せつなく、そして心の底から勇気づけられる一冊。オススメです。