読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自治体職員の読書ノート

仕事は福祉系。読書は雑食性。業務連絡はnsa59871atmarkexcite.co.jpへどうぞ。

【2127冊目】群像編集部『21世紀の暫定名著』

 

21世紀の暫定名著

21世紀の暫定名著

 

 
これはユニークな試みだ。21世紀になってから刊行(翻訳も含む)された書籍から、100年後も残っているであろう「暫定的な名著」を選ぶのだから。100年後から今を振り返る想像力と、その中で今、目の前にある書物の価値を判定する眼力が問われる、本読みにとってはなかなかチャレンジングな一冊でもある。

内田樹松岡正剛佐藤優上野千鶴子の4人が、選者として冒頭にずらりと並ぶあたりで「おおっ」と思う。それぞれ3冊ずつを挙げてもらうという設定も適切で、その組み合わせから選者自身の考え方が見えてくる。その後に出てくる中島岳志荻上チキ、小川洋子鴻巣友季子らも、まさに今の時代を代表する「本読み」にふさわしい。

だがそれ以上に面白いのは、一般書篇、日本文芸篇、海外文芸篇それぞれの「座談会」。3冊選書のメンバーとは顔ぶれは違うが、やはり名うての読書家、思想家、評論家が100年後を見通した書籍談義を展開する。それにしても、紹介された本が片っ端から読みたくなるのは困ったものだ。

いささか常軌を逸した現代の出版洪水の中で「読むべき本」を探すのは難しい。その中で本書は、今の時代を読む上での道標となるような、最重要の本を示してくれる。まあ、あまり「名著」にこだわりすぎても読書というのはつまらないのだが、文字通り「目印」としてはありがたい。なお、決して「硬い」本ばかりが取り上げられているワケではないのでご安心を。なにしろ佐藤優が挙げた3冊には湊かなえ『告白』が、荻上チキが挙げた3冊には沖田×華『ニトロちゃん』が、茂木健一郎が挙げた3冊には『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験』が入っているのである。

最後に、既読のもの、私が特に気になったものをメモっておく。誰がどんな理由で選んだのかは、ぜひ本書をあたっていただきたい。

≪既読≫
 〇ミシェル・ウエルベック『服従』
 〇村上春樹1Q84
 〇岩井克人『会社はだれのものか』
 〇鈴木健なめらかな社会とその敵
 〇星野智幸『俺俺』
 〇いとうせいこう『想像ラジオ』
 〇ナオミ・クラインショック・ドクトリン
 〇水村美苗日本語が亡びるとき
 〇中沢新一カイエ・ソバージュ
 〇大野更紗『困ってるひと』
 〇川上弘美センセイの鞄
 〇堀江敏幸『雪沼とその周辺』
 〇村上龍『半島を出よ』
 〇桐野夏生『グロテスク』
 〇小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』
 〇小川洋子博士の愛した数式
 〇絲山秋子『袋小路の男』
 〇今村夏子『こちらあみ子』
 〇多和田葉子『雪の練習生』
 〇町田康『告白』
 〇中村文則『掏摸』
 〇ウラジーミル・ソローキン『青い脂』
 〇コーマック・マッカーシーザ・ロード
 
≪新たに気になった本≫

 〇ピーター・ウォード他『生物はなぜ誕生したのか』
 〇ヘンリク・スベンスマルク他『”不機嫌な”太陽』
 〇南辛坊・南文子『本人伝説』
 〇綾屋紗月、熊谷晋一郎『発達障害当事者研究
 〇森元斎『具体性の哲学』
 〇吉田知子『日本難民』
 〇筒井康隆ダンシング・ヴァニティ』
 〇津島佑子『ヤマネコ・ドーム』
 〇ビル・ブライソン『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験』
 〇パスカルキニャール『さまよえる影』
 〇フィリップ・クローデル『リンさんの小さな子』
 〇ダニロ・キシュ『砂時計』
 〇ロベルト・ボラーニョ『2666』
 〇ヴィクトル・ペレ―ヴィン『宇宙飛行士オモン・ラー』

それにしても、やっぱり読書は愉しいね。
では!