自治体職員の読書ノート

自治体で働くソーシャルワーカーが、読んだ本を紹介します。

2015-04-16から1日間の記事一覧

【1850冊目】グスタフ・ルネ・ホッケ『迷宮としての世界』

迷宮としての世界(上)――マニエリスム美術 (岩波文庫) 作者: グスタフ・ルネ・ホッケ,種村季弘,矢川澄子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2010/12/17 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 56回 この商品を含むブログ (17件) を見る 迷宮としての世界(下…