自治体職員の読書ノート

仕事は福祉系。読書は雑食性。業務連絡はnsa59871atmarkexcite.co.jpへどうぞ。

【84冊目】弥永真生「法律学習マニュアル」

法律学習マニュアル

法律学習マニュアル

商法の「リーガルマインドシリーズ」等で知られる気鋭の(いまや「重鎮」かな)商法学者が、主として学部生に向けて書いた法律学習法。

「マニュアル」というだけあって、その内容は実に懇切丁寧。法律を学ぶに当たっての基本的な心構えにはじまり、本の読み方、講義やゼミの受け方、レポートの書き方から本格的な論文の入口までを分かりやすく書いてくれている。特に文献や判例の探し方、整理の仕方は、図書館や判例集、参考文献や引用文献からの「芋づる方式」、ウェブの検索サイトを駆使したやり方、図表を使った学説の変遷の整理、判例の読み方のポイントなど、門外漢には分かりにくいが研究者なら誰でも知っているようなノウハウの部分を具体的に説明してくれている。また、レポートや小論文の書き方などは、単なる形式的な「書き方」にとどまらず、法律の研究とは何かを真摯に考えるものとなっており、単なる「マニュアル」以上の内容を含んでいるといえる。

巻末には論文での文献等の表記方法の一覧まで載っており、とにかくサービス満点の一冊。学部生とは立場が異なるが、仕事上のリサーチやレポート作成にも役立つ点が多い。