自治体職員の読書ノート

読むために書くのか、書くために読むのか。

【2301冊目】ジャレド・ダイアモンド『若い読者のための第三のチンパンジー』

 

若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)

若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)

 

 

「若い読者のための」というマクラコトバがついているが、これはアメリカの出版社の「若い読者のための」シリーズの一冊だから、とのこと。ただし、内容はけっこうみっしり詰まっている(あ、だから若者向けなのか)。

ベースになっているのは、著者の第一作『人間はどこまでチンパンジーか?』。これをダイジェストし、最新情報を盛り込んだとのことだが、読んでみるとかの名著『銃・病原菌・鉄』や『文明崩壊』のエッセンスも入っていて、まさに現時点におけるダイヤモンド人類学の総まとめとなっている。ボリュームもそこそこなので、これからジャレド・ダイアモンドの本を読む人には入口としてぴったりだ。

著者の関心は一貫している。人間とは何か、なぜ人間は今のような文明を作り上げたのか、ということだ。基本的なスタンスは、あくまで「動物」の一種として人間を捉えること。だから、人間の行動を(それがセックスであれ、ジェノサイドであれ)冷静に観察し、記述する。まるで他の動物の行動観察を行うかのように。

遺伝子だけで見れば、チンパンジーとわずか数パーセントの違いしかない人間が、なぜ「ありきたりな大型哺乳類の一種」であることをやめたのか。著者が指摘する決定的な要因は「言語」である。進化の過程で、人類の声道にわずかな変化が生じ、きめ細かい音声コントロールや幅広い発声が可能になった。このことが言語による圧倒的な情報伝達を可能にし、人類の大躍進につながったというのである。

農耕の発生も重要だ。農耕は人類が安定的に多くの食料を得ることを可能にし、これが急激な人口増につながった。階級格差が生まれ、富が一部の層に集中したのもこの頃だ。狩猟民族より圧倒的に増えた農耕民族は、勢力の面でも狩猟民族を圧し、後者はどんどん奥地に追いやられていった。

意外な指摘も多く、特に性行動のくだりは面白かった。例えば人類では、男性の方が女性より体格がわずかに大きいが、これは一夫多妻制の名残りであるという。一夫多妻制では、戦いに勝った一部の雄が雌を独占するため、体格が大きく戦いに強い雄が残りやすい。結果として雄の体格が相対的に大きくなるというのである。実際、一夫多妻制(というべきか)を取る動物では、どれも雄の体格が雌より大きくなる。

チンパンジーとはたもとを分かった人類だが、どこかにチンパンジーの名残りを残していることも忘れてはならない。ギョッとしたのは、ジェノサイド(大量虐殺)という行動がチンパンジーと共通するという指摘だ。例えば、コモンチンパンジーは隣り合う集団を皆殺しにする。さらに、人間の集団生活は「他の集団のジェノサイドから身を守るため」に始まったと考えるべきなのかもしれない、と著者はいう。白人が行ったアメリカインディアンやアボリジニの虐殺から、ナチスユダヤ人虐殺、ルワンダのジェノサイドまで、人間特有と考えられてきたおぞましい行為は、人類の祖先から受け継いできた遺伝的な性向なのかもしれないのだ。

そして今、環境問題という新たな危機が人類に迫っている。この「第三のチンパンジー」は、これからどのような方向に向かうのか。それは遺伝的にすでに定められていることなのか、それとも私たちの自由意志次第で、明るい未来を選ぶこともできるのだろうか。いずれにせよ、私たちも時々は、自分が「動物」であることを思い出すべきなのだろう。

 

 

人間はどこまでチンパンジーか?―人類進化の栄光と翳り

人間はどこまでチンパンジーか?―人類進化の栄光と翳り

 

 

 

 

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
 

 

 

 

 

文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

 

 

 

文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

 

 

【2300冊目】渡辺一史『なぜ人と人は支え合うのか』

 

 

映画化もされた名著『こんな夜更けにバナナかよ』の著者が15年ぶりに、障害や福祉、そして社会のあり方を世に問う一冊。タイトルは前著と比べるとあまり面白くないが、内容は相模原の事件に始まり、『こんな夜更けに・・・』で出会った鹿野さんのことから障害の医学モデルと社会モデル、「障害」「障がい」といった表記の問題まで幅広い。幅広いわりに著者の視点がブレていないのは、やはり鹿野さんと関わった日々が、著者のバックボーンになっているのだろう。

 

全体を通じて感じたのは、「健常者から障害者」ではなく「障害者から健常者」への目線の転換だ。例えば先ほどの鹿野さんの妹で、重度の知的障害のある美和さんとの気持ちの交流について。言葉を発することもなく、一般には意思疎通さえできない美和さんだが、それでも気持ちが通じ、こちらの存在を認めてくれたと感じた瞬間があった。それは「私が彼らの存在価値を認めるのではなく、彼らが、私を認めてくれる」(p.80)のだという。

 

海老原宏美さんという方の言葉も印象的だった。相模原障害者殺傷事件の植松被告は、重度障害者の生きる価値を否定するような発言を繰り返した。だが海老原さんは、富士山や屋久杉に対して私たちが感じる価値を引き合いに出しながら、こう言ってのけるのだ。「障害者に『価値があるか、ないか』ということではなく、『価値がない』と思う人のほうに、『価値を見いだす能力がない』だけじゃないかって私は思うんです」(p.206)

 

問われているのは健常者なのだ。むしろ「障害者とは、問いかける人なのだ」と言ってもよいかもしれない。たとえ自らは主張していなくても、彼らは存在するだけで、周囲の人の人間観や生命観、社会や国家に対して、根源的に何かを問いかけていると思うのだ。障害の社会モデルとは、そのことを端的に表現したと言えるかもしれない。もちろんそれは、周囲に「聞く耳」があるかどうか、ということなのであるが。まあ、一般論として自戒を込めて言ってしまえば、彼らの存在から響いてくる声を聴くことができず、声高な権利主張をされて初めて気づくようではダメなのだと思う。

 

 

 

 

【2299冊目】アイザック・アシモフ『われはロボット』

 

 

有名な「ロボット三原則」を提示したことで知られる短篇集。だが本書の面白さは、この「三原則」を維持した上で(例外もあるが)、ロボットに関していかなる問題が生じうるかを、徹底的に思考実験したことにある。

例えば「われ思う、ゆえに・・・」という短編では、ロボットのキューティが「自分は主によって創られた」と確信する。なぜなら「いかなる生物も、それ自体より優れた生物を創造することはできない」から。そして、キューティは人間を見下し、その命令に従わず、「主に仕える」ことに喜びを見いだすようになるのである。

意味深なのは「証拠」という短編だ。選挙に立候補したバイアリイは、自身がロボットではないかという疑いをかけられる。そして、疑いを晴らす方法としてバイアリイが選んだのは、他の人間をぶん殴ることなのだ。なぜなら、ロボット三原則の「第一原則」は、ロボットが人間に危害を加えることを禁止しているからだ。

なぜこれが意味深かというと、人間とロボットを見分ける方法が「人間は他の人間に危害を加えられるが、ロボットは加えられない」点にしかないからなのだ。だがそうであるならば、ロボットが為政者になったとして、何か問題があるだろうか? 他の要素がまったく同じなのであれば、他者に危害を加えないロボットが政治をやったほうが、良い結果をもたらすのではないだろうか。このあたりの議論は、完全に、現代の人工知能の議論を先取りしている。

先取りと言えば、印象深いのは冒頭の短編「ロビイ」である。これはアシモフのロボットものの第一作なのだが、子守りロボットのロビイと少女グローリアの物語なのである。友達も作らずロビイにべったりのグローリア、そのグローリアを身を挺して守ろうとするロビイ。「人間の友達」としてのロボットというテーマを、ロボットものの初っ端に出し、小品ながら胸を打つ物語に仕上げてしまうアシモフのセンスは、やはりたいしたものだと思う。

 

 

【本以外】上野で松林図屏風をみてきました

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

さて、3が日の最終日、少し時間ができたので、上野に行ってまいりました。目当ては長谷川等伯「松林図屏風」ただ一点。日本絵画史上の最高峰だと思います。これが上野の東京国立博物館に収蔵されているのですが、1月2日から14日までの間にかぎり、実物が展示されるのです。しかも常設展なので620円で鑑賞できるという信じがたい幸福。比べるのもなんですが、フェルメール展の約4分の1ですよ。

 

f:id:hachiro86:20190103133519j:plain

 

目当ての「国宝室」は少々混雑気味ですが、屏風自体が横に広いこともあり、わりとじっくり鑑賞することができます。びっくりしたのは撮影OKということ。もっとも、これは松林図屏風だけではなく、常設展示作品のほとんどが撮影できるようなのです。ただ、私はよほどのことがなければこういうところで撮影することはしないので、肉眼に刻み付けるように鑑賞。国宝室だけで30分くらいはいたでしょうか。ちなみに、昨今のなんでもかんでも写真や動画に撮ろうとする風潮については、個人的には強い危機感をもっているのですが、この話は長くなるのでまたいずれ。

 

さて、「松林図屏風」です。リアルで見るのは2回目ですが、今回は間近によって見たり、遠目で全体を遠望したりと、いろんなスコープで鑑賞することができました。一見何も描かれていないように見える部分にかすかな樹影があったり、逆に樹の幹がつながっているように見えていたところが、実は根本の部分と上の部分の間が何も書かれていなかったりと、図版だけではなかなか分からない部分もよくわかります。墨の濃淡も、手前の存在感のある松から徐々に薄く霞んでいくところが実に巧妙に処理されているのです。

 

その一方、やはり圧倒的な存在感をもっているのは、何も描かれていない広大な部分のこと。フェルメールは「光」を描いた画家と言われますが、その伝でいうなら等伯は、「無」を描いたと言えるのかもしれません。それは靄や霞なのかもしれないし、まったくのnothingではないと思いますが、それでもそのように表現する以外の言葉がみつからない。「無」が奥行きと広がりをもち、確かな空間として目の前にあることの、なんというか呑み込まれそうになる恐ろしさのようなものを感じました。

 

この博物館の常設展示は、それだけでしっかり見ると半日かかるボリュームがあるので、他はさっと流すつもり・・・だったのですが、やはり「書」のパートと「茶の湯」のパート、そして「日本刀」の抜身の美しさには、ついつい足を止めてしまいました。こちらも国宝の法華経(結経)の文字の端正な美しさ。この世の物とは思えない「馬蝗絆」の完成度や「灰被天目」の深淵等々、やはり圧巻です。浮世絵のパートは北斎富嶽三十六景の一作を含め展示品がお正月モードになっていてびっくり。トーハク(等伯じゃなく、東博ね)もやるものです。

 

今までになく外国人のお客さんも多かったように思いますが、みなさん、非常に熱心に一つ一つの展示品に見入っていらっしゃいました。むしろろくに作品を観もしないで、スマホでパシャパシャ撮影して通り過ぎていくのは、日本人のほうが多いような・・・。まあ、国籍はあまり関係ないと思いますが、撮影OKならOKで、画面のちらつきや赤いライトを含め、最低限周りへの配慮はしてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

【本以外】私的2018年ベスト10


わが自治体は今日が御用納め。この読書ノートも、今日が御用納め。


とはいっても、8月に再開したばかりだし、最近は更新頻度も低めなので、取り上げた本は50冊ちょい。なので、その間の総括として、10冊をピックアップしてみたい。


ベスト10の形にはなっているが、順位はわりと適当、直感です。現時点で印象に残っている度合いの強さだと思ってください。なので、時期が近い方がやや有利かも。では、まいりましょう。

 


第10位

【2248冊目】押川剛『「子供を殺してください」という親たち』

hachiro86.hatenablog.com

こういう現実がある、というところから始めなければならない、という本である。


第9位

【2265冊目】マーカス・デュ・ソートイ『知の果てへの旅』

hachiro86.hatenablog.com

知の臨界点を探る一冊。もっと上位に入れてもよかったが、自分の理解度を加味するとこのへんか。

 

第8位

【2261冊目】ブレイディみかこ『子どもたちの階級闘争

hachiro86.hatenablog.com

他人事とは思えない、底辺保育所の切実な事情。貧困って何なのか。

 

第7位

【2273冊目】サイ・モンゴメリー『愛しのオクトパス』

hachiro86.hatenablog.com

最近話題の『タコの心身問題』につながる一冊か。ソフトだが示唆に富む。

 

第6位

【2276冊目】エイミー・E・ハーマン『観察力を磨く名画読解』

hachiro86.hatenablog.com

文字どおり、物の見え方が一変する一冊。そういえば最近また観察を怠っている。

 

第5位

【2287冊目】アンディ・ウィアー『火星の人』

hachiro86.hatenablog.com

あなどっていたらムチャクチャ面白かった。ロビンソン・クルーソーの100倍ハード。

 

第4位

【2271冊目】森田真生『数学する身体』

hachiro86.hatenablog.com

著者を現代の岡潔と呼びたい。100年後に残る一冊だろう。

 

第3位

【2293冊目】テッド・チャンあなたの人生の物語

hachiro86.hatenablog.com

めったにない小説体験。希少種の動物にいきなり森の中で出会ったような。

 

第2位

【2253冊目】南直哉『老師と少年』

hachiro86.hatenablog.com

人生の指針になるような一冊にはそうそう出会えない。これはそういう本。

 

第1位

【2284冊目】スタニスワフ・レムソラリス

hachiro86.hatenablog.com

 

 ソラリスは、読んだ後より時間が経ってから、ああ、あれはとんでもない小説だったなあ、と思い出すことが多かった。そういう本です。

 

 

では、今年はこのへんで。来年もまた、良き本に出会えますように。