読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自治体職員の読書ノート

仕事は福祉系。読書は雑食性。業務連絡はnsa59871atmarkexcite.co.jpへどうぞ。

【2129冊目】山口道昭『福祉行政の基礎』

福祉・教育・医療

 

福祉行政の基礎 (地方自治・実務入門シリーズ)

福祉行政の基礎 (地方自治・実務入門シリーズ)

 


有斐閣の「地方自治・実務入門シリーズ」第一弾とのこと。最初に「福祉」をもってくるあたりが、実務目線というか、このシリーズのスタンスを物語っている。

考えてみれば、福祉ほど「法律に基づく行政」が貫徹されている分野は少ない。私が障害福祉分野に異動してきて驚いたことの一つが、福祉サービスの「裁量の狭さ」だ。ケースワークのほうは幅広い裁量の余地がある一方、制度の面はきわめて縛りが多い。もっともその多くは、法律そのものというより、厚生労働省の解釈規定の緻密さによるものなのだが。しかしそれにしても、法律自体もかなり多く、規律されている範囲も広いのではなかろうか。

そのわりに「法に疎い」というか「法に関心がない」人が多いのも、このギョーカイの特徴かもしれない。厚労省のQ&Aにはめっぽう詳しいベテラン職員も、行政法の考え方や基本原理のことになると呆れるほど無知だったりする。法律と条例と要綱の違いをきちんと説明できるケースワーカーが、いったい何割いるだろうか。

本書は「そういう職員」こそ必携の一冊だ。行政法行政学の視点から福祉関係法令や福祉制度に光を当て、丁寧に読み解いた本は、ひょっとすると初めてかもしれない。特にケースワーカーの人は、第8章「社会福祉を支える自治体職員、行政組織」は必読だ。特に次の一節に、私は感銘を受けた。

「行政は縦割りであると一般に理解されている。このことは、国のように大規模な行政組織だけのことでなく、小規模の市町村であっても同様である。そうしたなかで、ケースワーカーは、保護受給者に寄り添うことで、縦割りの行政組織を相手として調整、交渉を行う。このようななかで身につけた能力は実践的であり、その後の職場においても必ず役に立つ。現代の行政は、行政機関内部の閉じられた空間で政策立案や決定がなされるのではなく、住民に開かれた空間で絶えず情報のやりとりをしながら実施されているのである。そして、ケースワーカーは、保護受給者の側に身を置くことで、住民が行政機関をどのように見ているのかを身をもって知ることができる」

 
これは当たっている。というか、ケースワーカーをやっていて思うのは、「普通の職員」がなんと安易に、既存の制度や枠組によりかかって仕事をしているか、ということだ。住民本位の姿勢は、本来ケースワーカーの専売特許ではないはずなのだが。

【2128冊目】幸田露伴『連環記』

歴史・文化・民俗

 

連環記 他一篇 (岩波文庫)

連環記 他一篇 (岩波文庫)

 

 
幸田露伴は面白い。あらためて感じ入った。

とっつきづらい文語調も、読んでいくうちに慣れてくる。慣れると今度は、独特の語り口調に酔わされ、酔わされ、気が付いたら最後のページ。小説というより講談、あるいは漫談か。脇道にどんどん逸れていくようで、するりと元に戻る手際に職人芸を感じる。

スカトロジーやネクロフィリアもチラ見させ、時にふざけ、時にしんみり、時に勢いづいて、変幻自在に読者を引っ張っていく。併せて収められている「プラクリチ」も秀逸。ブッダの弟子阿難の恋情に、「連環記」における定基の力寿(これが女性の名前。しかも美女)への恋情が重なり合う。だいたい「プラクリチ」の一行目は「恋愛は破壊をつかさどるものである」と始まるのだ。

恋愛小説ではなく、むしろ反・恋愛小説というべきか。露伴の話芸が光る、最晩年の作品。

【2127冊目】群像編集部『21世紀の暫定名著』

読む・書く・話す

 

21世紀の暫定名著

21世紀の暫定名著

 

 
これはユニークな試みだ。21世紀になってから刊行(翻訳も含む)された書籍から、100年後も残っているであろう「暫定的な名著」を選ぶのだから。100年後から今を振り返る想像力と、その中で今、目の前にある書物の価値を判定する眼力が問われる、本読みにとってはなかなかチャレンジングな一冊でもある。

内田樹松岡正剛佐藤優上野千鶴子の4人が、選者として冒頭にずらりと並ぶあたりで「おおっ」と思う。それぞれ3冊ずつを挙げてもらうという設定も適切で、その組み合わせから選者自身の考え方が見えてくる。その後に出てくる中島岳志荻上チキ、小川洋子鴻巣友季子らも、まさに今の時代を代表する「本読み」にふさわしい。

だがそれ以上に面白いのは、一般書篇、日本文芸篇、海外文芸篇それぞれの「座談会」。3冊選書のメンバーとは顔ぶれは違うが、やはり名うての読書家、思想家、評論家が100年後を見通した書籍談義を展開する。それにしても、紹介された本が片っ端から読みたくなるのは困ったものだ。

いささか常軌を逸した現代の出版洪水の中で「読むべき本」を探すのは難しい。その中で本書は、今の時代を読む上での道標となるような、最重要の本を示してくれる。まあ、あまり「名著」にこだわりすぎても読書というのはつまらないのだが、文字通り「目印」としてはありがたい。なお、決して「硬い」本ばかりが取り上げられているワケではないのでご安心を。なにしろ佐藤優が挙げた3冊には湊かなえ『告白』が、荻上チキが挙げた3冊には沖田×華『ニトロちゃん』が、茂木健一郎が挙げた3冊には『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験』が入っているのである。

最後に、既読のもの、私が特に気になったものをメモっておく。誰がどんな理由で選んだのかは、ぜひ本書をあたっていただきたい。

≪既読≫
 〇ミシェル・ウエルベック『服従』
 〇村上春樹1Q84
 〇岩井克人『会社はだれのものか』
 〇鈴木健なめらかな社会とその敵
 〇星野智幸『俺俺』
 〇いとうせいこう『想像ラジオ』
 〇ナオミ・クラインショック・ドクトリン
 〇水村美苗日本語が亡びるとき
 〇中沢新一カイエ・ソバージュ
 〇大野更紗『困ってるひと』
 〇川上弘美センセイの鞄
 〇堀江敏幸『雪沼とその周辺』
 〇村上龍『半島を出よ』
 〇桐野夏生『グロテスク』
 〇小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』
 〇小川洋子博士の愛した数式
 〇絲山秋子『袋小路の男』
 〇今村夏子『こちらあみ子』
 〇多和田葉子『雪の練習生』
 〇町田康『告白』
 〇中村文則『掏摸』
 〇ウラジーミル・ソローキン『青い脂』
 〇コーマック・マッカーシーザ・ロード
 
≪新たに気になった本≫

 〇ピーター・ウォード他『生物はなぜ誕生したのか』
 〇ヘンリク・スベンスマルク他『”不機嫌な”太陽』
 〇南辛坊・南文子『本人伝説』
 〇綾屋紗月、熊谷晋一郎『発達障害当事者研究
 〇森元斎『具体性の哲学』
 〇吉田知子『日本難民』
 〇筒井康隆ダンシング・ヴァニティ』
 〇津島佑子『ヤマネコ・ドーム』
 〇ビル・ブライソン『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験』
 〇パスカルキニャール『さまよえる影』
 〇フィリップ・クローデル『リンさんの小さな子』
 〇ダニロ・キシュ『砂時計』
 〇ロベルト・ボラーニョ『2666』
 〇ヴィクトル・ペレ―ヴィン『宇宙飛行士オモン・ラー』

それにしても、やっぱり読書は愉しいね。
では!

【2126冊目】『障害者のリアル×東大生のリアル』

福祉・教育・医療

 

障害者のリアル×東大生のリアル

障害者のリアル×東大生のリアル

 

 
障害者を書いた本、ではない。東大生を書いた本である。

「障害者のリアルに迫る」というテーマで、東大生が立ち上げた自主ゼミ。そこでさまざまな「障害者」の話を聞き、会話を交わすことで見えてきたのは、自分自身だった。いわば障害者が鏡となって、問いかけるはずの自らが問いかけられ、裸にされ、さらされたのだ。そのつもりがなかったとしても、健常者にとっての障害者とは、常に問いかけ、自問自答を促す存在なのだ。

ALSの岡部さんを見下していたことに気づいたとき、同時に「どちらが幸せを感じられているか。間違いなく岡部さんだ」「私は彼に負けている」と感じた岡崎さん。自分とはまるで違う環境の中で生きてきた触法障害者と話すうちに「同じ」ものを認めた氣賀さん。自らも精神を病んだ経験をもち、苦悩してきた北村さんは「何かができないことというのは、同時に何かができるということではないか」と気づいた。「べてるの家」「べてぶくろ」に出会った御代田さんは「世界は一つじゃないし、それらに優劣はない」と知り、救われた。

だが、もっとも秀逸な「気づき」は、おそらく佐藤さんの「このゼミは私たちに「わからない」ことを教えてくれた」というものだろう。そうなのだ。「知る」「分かる」「覚える」ことの果てに、東大という場所にたどり着いた優等生たち。そこではおそらく「わからない」ことは「わかる」ための過程でしかなかっただろう。だが、そうではないのだ。「わからない」ことそのものに、価値や意味があるのである。

「わからない」にとことんまで付き合い、苦しみ、悩む。本書に掲載された文章も、いわば「わからない」ものへの七転八倒の軌跡である。その中で、「わからない」ことに耐えかねて、どこかで聞いたような「正解」に逃げた人と、最後まで粘り腰で「わからない」に向き合い続けた人の文章は、歴然と違う。

人のことだって、自分のことだって、そんなに簡単に「わかる」ワケはない。だからこそ、佐藤さんがたどりついた「わからない」の価値への気づきは、値千金なのである。

【2125冊目】ミシェル・ウエルベック『地図と領土』

人類・人間・人生

 

地図と領土 (ちくま文庫)

地図と領土 (ちくま文庫)

 

 



『服従』がおもしろかったので、最高傑作と言われることの多い本書も読んでみた。

こちらもおもしろい。物語としての吸引力は『服従』以上かもしれない。売れないアーティストである主人公ジェドの成功譚を軸に、ロシアの美女オルガとのロマンス、父親との微妙な関係、そして「作家ウエルベック」まで登場し、重要な役割を果たす。なにしろこのウエルベック、物語の後半で突然惨殺されてしまうのだ。第3部で突然2人組の刑事が登場し、それまでジェドの視点だったのが刑事視点に切り替わるのもユニークである。

人名やガジェットなど、細部への「凝り」もふんだんに見られる(フランス人だったら、もっといろいろネタが見つかって楽しいのだろう)。表面上は成功譚でありながら、アーティストとして名を成したジェドが満たされているように思えず、芸術って何なのか、幸福を得るってどういうことなのかを考えさせられる。一筋縄の説明を許さない、重層的で、ウィットに満ちた小説。それにしても気になるのは、ジェドの「ミシュランの地図を写真に撮った作品」。実物があれば見てみたい。