読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自治体職員の読書ノート

仕事は福祉系。読書は雑食性。

【2081冊目】梅棹忠夫『文明の生態史観』

歴史・文化・民俗

 

文明の生態史観 (中公文庫)

文明の生態史観 (中公文庫)

 

 
進歩史観」は、進化を一本道と考え、それぞれの国や社会の違いは、同じゴールに向かう途中の発展段階の違いであるというふうに考える。一方「生態史観」は、サクセッション(遷移)ということを考え、多元的で並列的なかたちで歴史を捉える。「一定の条件のもとでは、共同体の生活様式の発展が、一定の法則にしたがって進行する」と著者は説明している。

ちなみに、本書は名著とされているが、本書で提示されている「生態史観」という方法がどれほど広く認められ、定着しているかというといささか疑問である。おそらく本書の「キモ」は、結論として示された着想より、その背後にある方法論にあると思うのだが。

内容についていえば、著者は日本を「アジアの一部」と見すぎることに対して、警告を発している。同じアジアといっても内実は多様である。とりわけ日本はきわだった特徴をもっており、それは西洋でいえばイギリス、フランスあたりと共通する部分が多いというのである。

著者によれば、旧世界(いわゆるユーラシア大陸)は大きく第一地域と第二地域に分けられる。「第一地域」は高度な近代文明をもっており、かつては封建制を体験し、それが社会構造の中に、ブルジョワ(分厚い中間階層)として存在する。政教分離が早くに起こったのも第一地域であった。日本、イギリス、フランス、ドイツあたりはここに入る。

「第二地域」のほうは、封建制を経験せず、専制的な大帝国によって支配され、場合によってはすさまじい革命を経験してきた。中国、ロシア、インド、イスラム諸国はすべてここに入る。共通点は、ユーラシア大陸の比較的中央寄りにあって、それゆえ中央アジアあたりに勃興した騎馬軍団の蹂躙を受けたということ。逆に言えば、第一地域はモンゴルをはじめとした強力な軍隊の支配を受けていない。

だから日本は「ほかのアジアとは違う」のであって、だからこそ、たとえば日本の近代化を他のアジア諸国が真似ようとしても、なかなかうまくいかないということになる。その理由は、明治維新以前からの社会や文化の基盤が日本には存在するから。明治期以降に流入した西洋文明は、要するにこの基盤とフィットしたのである。イギリスやフランスなど、ユーラシア大陸の反対側ではぐくまれたものが日本と親和性が高かったのは、繰り返しになるが日本がイギリスやフランスと同じ「第一地域」に属しているからなのだ。

この捉え方は一歩間違うと単なる「日本優越論」に堕してしまうが、本書の提供するスコープは、さすがにそんな安易なものではない。何といっても、世界史を学ぶ上でもっとも分かりづらく、教科書にもあまり記述がない中央アジアあたりの騎馬民族国家に着目することで、日本からヨーロッパに至るまでの巨大なエリアを一望できる視野を提供しているのだ。その鮮やかな論理展開は、ぜひ本書を読んでほしい。著者の思想と方法が本格派であって、決して「日本スゴイ」「日本立派」「日本マンセー」と叫ぶ手合いではないことがよくわかる。

本書には他にも、東南アジアやインド、アラブ世界をめぐる卓抜な考察がいくつも収められており、1950年代に書かれたとは思えないほど、文章は的確でわかりやすい。特に、東洋や西洋に対する「中洋」という呼び方は素晴らしいと思う。中央アジアイスラム諸国、インドや東南アジアの重要性を、この時代にここまで指摘した書籍はあまりないのではなかろうか。

【2080冊目】遠田潤子『雪の鉄樹』

謎・恐怖・幻想

 

雪の鉄樹 (光文社文庫)

雪の鉄樹 (光文社文庫)

 

 
この人の小説を読むのは初めて。名前すら知らなかった。

読み始めて驚いたのは、そのずばぬけた筆力。読み手をしっかり捕まえたまま、この重いテーマを最後まで読ませる、ブルドーザーのようなパワーがある。とりわけ、過去の「事件」の真相をギリギリまで明かさず引っ張るので、主人公をこれほど「贖罪」に駆り立てる過去の罪とはいったい何だったのかが気になって、読むのを止められなくなってしまうのだ。

だから、amazonのレビューがおおむね高評価なのもわかる気がする。重いし、いろいろ考えさせられるのだが、そのわりに一気に読まされる。だが、正直に言うと、読後感としては不満が残る。肝心の、なぜ主人公の雅雪が13年にわたり「償い」を続けてきたかという点が、どうしても納得できないのだ。ここまでするほどのどんなコトが……とさんざん引っ張られた挙句の結末としては、正直、いささか拍子抜けだった。


ここからはネタバレになるが、そもそも自分が起こした事故でもないのに、ここまで罪を背負わなければならないのか、という肝心かなめの点で、イマイチ説得力を感じない。自分のことを理解してくれた大切な相手が起こした事故だから……というのはわからなくもないが、だからといって代わりに謝罪することが、果たして誰にとって何の意味があるのか。

それはまず、被害者の家族にとってひどい押しつけになる。直接の相手ではないから恨むわけにはいかないし、でも恨みの感情をぶつけたい気持ちはある。そこで、相手(特に遼平の祖母である文枝)は、恨むべき相手ではないにも関わらず恨まざるを得ないという、ある意味ひどく残酷な環境に置かれることになる。本書では文枝の雅雪への対応のひどさがこれでもかと描かれているが、私にはこれ、雅雪が加害者で、文枝は二重の意味での被害者になっているように感じた。罪悪感を感じつつ恨むという引き裂かれた状況を強制するなんてことが、果たして許されるのか。

そして、直接の加害者である舞子にとっても、雅雪のこの「押し付け贖罪」は残酷だ。なぜかといえば、こんなことをされてしまっては、舞子は被害者の家族に謝ることさえ許されなくなってしまうからだ。その代わりに舞子は、雅雪への消えない借りを背負うことになる。贖罪を封じられることほど、事件の加害者にとって残酷なことはない。

雅雪は確かに、愚直に贖罪を続けた。だがこの場合の愚直とは、単なる思考停止でしかない。本当に罪を償うには、当たり前のことだが、罪を償うべき人が、しかるべき相手に対して行うことが必要である。それが被害者のためであって、同時に加害者のためなのである。雅雪はこのことがわかっていない。だから押しつけの贖罪を行うことで、舞子による、舞子自身のためにあってしかるべき贖罪を封殺してしまっているのである。

ずいぶん長々と文句をつけてしまったが、本当にこの点だけが惜しくてしょうがないと思えるほど、本書の他の部分はよくできている。雅雪の父、祖父の異常さ、それを受けた雅雪自身の屈折の深さなど、これまで読んだどんな小説にも出てこなかった親子関係ではないか。才能というものの残酷さ、親から無視され、いないものとされることの過酷さも、実に巧みに描かれている。だからこそ、プロットの中核にあたる部分の「ゆるみ」が、どうにももったいないのである。「贖罪」をストーリーの核にもってくるなら、せめてマキューアンの『贖罪』くらいの説得力はほしかった。

 

贖罪

贖罪

 

 

【2079冊目】高山文彦『宿命の子』

人類・人間・人生

 

宿命の子

宿命の子

 

 
笹川良一をテーマに本を書くことだけでも大変なのに、本書は息子の陽平のほうを中心に据えて、笹川一族をめぐる毀誉褒貶、競艇事業からハンセン病制圧活動までの広範な事業、さらには日本財団内部の複雑怪奇なゴタゴタまでを描き切るという、とんでもない大仕事をやってみせた。いわば戦後日本の、これまであまり取り上げられてこなかった側面を描き出した一冊だ。

読み終わって感じたのは、「宿命の子」というタイトルが、陽平の置かれた立場の困難さを一言で表しているということだ。笹川良一という破格の人間を父にもち、息子であるがゆえにかえって誹謗中傷の的となり、それでも父を支え、父に群がる利権屋と闘い、ある意味で父を超える事業を多く成し遂げた。

良一ほど著名ではないが、後世の歴史家が評価するのは、むしろ陽平のハンセン病制圧活動や外交実績、東日本大震災での日本財団の活動のほうではないか。渡辺京二は「宿命を受け入れるのというのが本当の意味での自由だと思います」と語ったというが、笹川陽平はまさに、良平の子という宿命を受け入れ、その向こうに真の自由を見出したといえるだろう。

笹川親子の複雑で奥行きのあるパーソナリティを一言で言い表すのはむずかしいが、あえていうならそれは「反権力」ということではないか。特にこんな文章を読むと、これは笹川良一について著者が書いたものだが、陽平にもそのイズムは受け継がれていると感じる。次のようなくだりである。

「これまで見てきたように笹川良一という人物は、二度の逮捕歴と翼賛国会における生死を顧みない奮闘の経験などから、権力というものの恐ろしさと欺瞞を知り尽くしていた。「反権力」という言葉を安直にもちいるのはどうかと思うが、戦後は一貫して民間の側にありながら絶大な権力を有していたことは事実であって、しかしそこにはつねに弱い者の側に寄り添い、歴史的にもっとも長く人間として扱われず差別されてきた世界のハンセン病者の回復とその病の制圧に力を尽くしてきた点からしても、いかなる権力にも屈することのない反権力主義者であったと言って差し支えないだろう」(p.499)

 


権力がありながら反権力、というのもユニークだが、権力とは属性の問題であって、反権力とは姿勢の問題であるから、これは矛盾しない。むしろ問題は、反権力を気取っているジャーナリズムが笹川親子に関してはむしろ権力べったりで、ステレオタイプな「日本の黒幕」的な見方や官僚からの情報をもとに徹底的に彼らを叩いたということだろう。いわゆる「バッシング」というものがどのようなメカニズムによって行われているかということも、本書を読めば見えてくる。

さらにまた、日本という国がどういう人によって支えられてきたかということも、どういう人がその足元をすくい、日本をダメにしているかということも、本書からはいろいろと見えてくる(とくに運輸官僚や外務官僚の「足の引っ張りぶり」はひどい)。笹川親子を描けばそれが日本の裏面史になるというのもスゴイ話だが、彼らは「そういう親子」だったのである。

【2078冊目】筒井淳也『仕事と家族』

組織・仕事・公務員

 

 
タイトルはシンプルきわまりないが、内容はけっこうガチな研究書。見た目は薄いが、内容はみっしり詰まっている。

大きな政府」のスウェーデン、「小さな政府」のアメリカ。まるで正反対に思えるこの2つの国が、実は働く女性が多く、出生率も高いという、ちょっと意外な話からこの本ははじまる。


ウソみたいな話だが、なぜこういう結果になったのか。原因は1970年代にさかのぼる。インフレと失業率の高まりが同時に起きたこの時代、各国がそれぞれに対応方針を模索した。

スウェーデンなど、いくつかの国は「大きな政府」路線をとりつつ医療・年金制度の大改革を行い、あわせて政府雇用を積極的に行った。ケアワーク等を行う女性を大量に雇ったのである。そのため公務員の人件費総額は高くなったが、女性の社会進出は進んだ。

対象的なのがアメリカだ。アメリカは規制緩和を進めて市場を活性化させ、積極的な雇用につなげることに成功した。雇用規制に欠け、長期の育児休業制度も存在しないことが、かえって雇用主としては女性を雇いやすいという状況につながった。

結局、この「水と油」の両国に共通していたのは、なんだかんだいって夫婦共働きのできる環境が整った、ということだった。この「共働き」が本書のキーワード。共働きのできる社会は、結婚や出産が増え、結果として少子化問題の改善が起こっているのである。

日本はどうだったか。1970年代の日本で提唱されたのは「日本型福祉社会」というとんでもないコンセプトだった。これは要するに、企業と家庭が「福祉」を一義的に担うというもので、つまりは会社や家庭への福祉の丸投げだった。当時、自民党がつくった日本型福祉社会構想のパンフレットには、スウェーデンの福祉のあり方は「家族関係を破壊する」と書かれていたそうである。

実際に起きたのは、まったく逆のことだった。自民党が作ってきた「家族丸投げ」の福祉社会は、家族を疲弊させ、崩壊させ、結婚したくない若者を増やし、当然ながら女性は介護や育児を全面的に担わされて共働きどころではなくなり、少子化もどんどん進んだ。実際は「日本型福祉社会」こそ、皮肉にも日本の家族関係を破壊してきたのだ。家族が家族として維持されるには、むしろ公的なサポートの充実が不可欠なのである。だが自民党は、家族を重視すると口ではいいながら、実際には家族に負担をかけ、家族を壊す政策を推し進めてきた。

「真に「家族重視」の政策とは、家族の責任を重くして責任を負わせ、結果的に人々を家族から離れさせてしまうものではあるまい。そうではなく、家族の負担を軽減することで、人々が家族を形成したいと望んだとき、それを阻む障害を小さくするものであるべきなのだ」(本書P.171)

 
本書は日本の「働き方」のあり方や家族をめぐる状況を、縦軸(これまでの流れ)と横軸(国際的な比較)によって分析した一冊だ。先ほど書いたとおり、その結論は「共働き社会」。男女が共に働くことのできる社会を作っていくことが、唯一かつ決定的な少子化対策になり、本当の意味で「家族」を復活させることにつながるということである。

本書はそのための具体的な処方箋を満載した一冊だ。具体的なデータに基づく考察は「女性の社会進出が少子化につながった」などという俗論を一蹴する。実際には、女性の社会進出こそが出生率を回復させる切り札なのである。

【2077冊目】ウンベルト・エーコ『プラハの墓地』

歴史・文化・民俗

 

プラハの墓地 (海外文学セレクション)

プラハの墓地 (海外文学セレクション)

 

 

主人公シモーネ・シモニーニは、祖父からユダヤ人への憎悪と偏見を吹き込まれて育ち、文書偽造のスペシャリストとして歴史のダークサイドを動かす存在になる。その影響力は、イタリア統一運動にパリ・コミューン、そしてドレフュス事件。そして、プラハの墓地を舞台に「創造」されたユダヤ人の世界征服計画書「シオン賢者の議定書」にまで及ぶ。

著者は唯一、このシモニーニのみを架空の人物として描いたという。それ以外の人物や事件はすべて実在のものであった、ということだ。実在の中に埋め込まれた、一点の虚構。そこから生み出された偽造文書が、歴史を作り替えていくリアリティ。その虚々実々に、エーコの博識と小説技巧が光っている。

小説自体にもいろいろな技巧が凝らされているらしいが、残念ながらそれを読み解くのは私にはちとキビシイ。それでも、文書偽造をめぐる闇の世界の深さと、そこに漂っている憎悪は、読んでいてひしひしと感じられた。特に、確信をもってユダヤ人を貶めようとし、そのためにあえて虚偽の内容を書き広めようとするシモニーニの悪意には、慄然とならざるをえない。その思考回路をものすごく単純化して書くと「あいつらが悪いことをしているから、嫌いだ」ではなく「あいつらが嫌いだから、奴らの悪行をでっちあげてやる」なのである。「誇り高いゲルマン人」が聞いて呆れる。

そしてこのたくらみは、陰謀論を「信じる」人たちがいなければ成立しない。シモニーニはこう書く。

「こうして私は、陰謀の暴露話を売りつけるためには、まったく独自のものを渡すのではなく、すでに相手が知っていることを、そしてとりわけ別の経路でより簡単に知っていそうなことだけを渡すべきだと考えるようになった。人々はすでに知っていることだけを信じる、これこそが〈陰謀の普遍的形式〉の素晴らしい点なのだ」

 


このおそろしい指摘は、まったくそのとおりだと思う。後にナチス・ドイツがユダヤ人や共産主義者をめぐる陰謀論をでっちあげたときも、あるいはわが日本で、関東大震災の折に朝鮮人への流言飛語が悲惨な虐殺につながったときも、そこには、それを簡単に信じてしまう民衆の存在があったのだ。

だからこそこの小説は、おもしろくもおそろしいのである。流言や陰謀の根にある「事実」が偽造されるさまを克明に描くことで、そんなものに簡単に踊らされるわれわれの姿を、その向こうに浮かび上がらせている。もう一度言う。わたしたちは「悪いことをやっているやつらを攻撃する」のではない。「攻撃したいから、そいつらが悪いことをやっていると信じたい」のである。シモニーニに踊らされ、ユダヤ人虐殺にまで突き進んだ人々の姿は、鏡にうつった私たち自身なのだ。