自治体職員の読書ノート

自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【2758冊目】小川糸『あつあつを召し上がれ』


新潮文庫1002021」全冊読破キャンペーン80冊目。


実ははじめての小川糸作品。前から気になっていた作家さんではあったのですが。


短篇集です。どの作品も、食べ物が登場し、重要な役割を演じています。


味や香りの記憶は、人を過去に引き戻したり、失った人を思い出させてくれます。父親が愛してやまなかった中華屋のぶたばら飯。母が作り方を教えてくれた味噌汁。記憶の中にだけ息づくコロッケ、いや「ハートコロリット」。


一番良かったのは「季節はずれのきりたんぽ」でした。亡き父がこだわったきりたんぽを再現しようとする母と娘。料理を作るうちに生き生きと蘇る、父の記憶。そこにいないはずなのに、きりたんぽを通じて思い出す父の存在感の大きさ。思いがけないラストも、これはこれで味があって良いものです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!