hachiroetoのものぐさ遊読帖

自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【2737冊目】太宰治『人間失格』


新潮文庫1002021」全冊読破キャンペーン61冊目。


人間失格といえば「恥の多い生涯を送って来ました」という有名な書き出しですが、実はその前にプロローグがあるのをご記憶でしょうか。


3枚の写真について書かれています。本書の主人公、葉蔵の写真ですが、それを眺めている「私」とは誰なのでしょうか。著者自身、でしょうか。なら、太宰の分身のように描かれるこの大庭葉蔵という人物は誰なのでしょう。


なんだか持って回った言い方になりましたが、結論からいえば、葉蔵は太宰自身であり、その手記を公表しているのも太宰自身なのだと思います。自分のみっともなさ、情けなさをこれでもかと露悪的に綴りながら、そんな自分自身をも突き放して語ってしまう。そんな自身の「サガ」にこそ、太宰自身の絶望の深さが感じられるように思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!