hachiroetoのものぐさ遊読帖

自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【2688冊目】茨木のり子『倚りかからず』


茨木のり子の詩は、まっすぐに心に突き刺さる。


平易な言葉が組み合わされているだけなのに、


一見、散文のようなのに、


実は、極限まで研ぎ澄まされ、削ぎ落とされている。


なんというか、言葉の純度がものすごく高いのだ。


言葉のクリスタルゼーション。


だが、冷たいわけではない。むしろ、温かい。


読むほどに、自分の心が適温になっていくのがわかる。


それも言葉の力、詩の力。


薄い本だが、そこから通じている世界は、とんでもなく広く、深い。


生涯、手元に置いておきたい一冊です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!