hachiroetoの読書ノート

この世の片隅でこっそり書き続けています。一応自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【201冊目】夏目漱石「草枕」

草枕 (岩波文庫)

草枕 (岩波文庫)

作品順では「猫」「坊っちゃん」に続くらしいが、内容は一転してゆったりした雅味あふれる芸術小説、というより風流小説というべき味わいである。「蒸気機関車的」な文明に反発し、芸術に遁世の道を見いだす主人公の「旅の画工」は、漱石にとってひとつの理想の生き方なのか。「余は木瓜になりたい」の一節が心に残る。