宇宙の片隅で本を読む

自治体職員。仕事は福祉系。読書は雑食系。

【2628冊目】小林快次『恐竜まみれ』

恐竜まみれ :発掘現場は今日も命がけ作者:小林 快次新潮社Amazon 表紙はポップだが、内容はなかなかハード。文字通り「命がけ」の恐竜発掘現場の大変さと楽しさ、恐竜研究の醍醐味をガッツリ伝えてくれる一冊だ。著者の名前は初めて拝見したが、日本の恐竜研…

【2627冊目】ピエール・ルメートル『炎の色』

炎の色 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)作者:ピエール ルメートル,Pierre Lemaitre早川書房Amazon 炎の色 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)作者:ピエール ルメートル,Pierre Lemaitre早川書房Amazon デュマに捧げたというこの作品は、一言でいえば復讐譚だ。そ…

【2626冊目】原田マハ『ゴッホのあしあと』

ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯 (幻冬舎新書)作者:原田 マハ幻冬舎Amazon 原田マハの『たゆたえども沈まず』は、良い小説だった。一人の人間としてのゴッホの姿を切々と描いていた。林忠正という実在の日本人をフィーチャーし、その功績を再評…

【2625冊目】宮崎克・吉本浩二『ブラック・ジャック創作秘話』

ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~ (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)秋田書店(Akitasyotenn)Amazon 決して「上手い絵」ではない。だが、やたらに「熱い」。その熱量は、手塚治虫の、そしてその周囲に集まった人々が生み出した…

【2624冊目】藤原新也『黄泉の犬』

黄泉の犬作者:藤原 新也文藝春秋Amazon 昨日読んだロレンス・ダレルとはまったく別の意味で、これはすさまじい本だった。なんというか、容赦がない。甘さがない。気の抜けたところがない。著者は写真家だ。以前「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」というフ…

【2623冊目】ロレンス・ダレル『黒い本』

黒い本 (中公文庫)作者:ロレンス ダレル中央公論新社Amazon いや〜、この本はしんどい。でも、ハマる。ストーリーらしきものはほとんど無い。南ロンドンのレジナ・ホテルでの堕落した日々がひたすらに綴られ、そこにグレゴリーという人物の日記が唐突に挟み…

【2622冊目】エドワード・リア、エドワード・ゴーリー『輝ける鼻のどんぐ』

輝ける鼻のどんぐ作者:エドワード リア河出書房新社Amazon せなけいこさんの本を読んで、久しぶりに絵本を読みたくなりました。でも、いまさらせなけいこや松谷みよ子、というわけにもなあ・・・と思って、選んだのがこの絵本。エドワード・リアの格調高い文…

【2621冊目】せなけいこ『ねないこはわたし』

ねないこはわたし作者:けいこ, せな文藝春秋Amazon 『ねないこ だれだ』でおなじみの絵本作家、せなけいこさんの自伝的作品です。おなじみの切り絵もたくさん登場して、見ているだけてたのしい一冊になっています。せなさんの最初の絵本は、自分の子どもにに…

【2620冊目】アンソニー・ホロヴィッツ『その裁きは死』

その裁きは死 ホーソーン&ホロヴィッツ・シリーズ (創元推理文庫)作者:アンソニー・ホロヴィッツ東京創元社 『メインテーマは殺人』に続く、元刑事ホーソーンが探偵役の推理小説。そう、この本は「ミステリ」ではなく「推理小説」という古式ゆかしい呼び名…

【2619冊目】萩尾望都『11人いる!』

11人いる! (小学館文庫)作者:萩尾望都小学館Amazon 宇宙大学の入学試験は、10人のチームで、宇宙船内で生き延びること。期間は53日間。しかし、宇宙船にいたのは「11人」だった・・・すごく雑に言ってしまうと『十五少年漂流記』のSF版。短いが、密度は濃い…

【2618冊目】伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』

陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫)作者:伊坂幸太郎祥伝社Amazon 「陽気なギャング」3作目。なんと前作から9年ぶりの新作とのことですが、テンポや雰囲気は前作そのまま。おなじみの銀行強盗シーンから始まるのは、一瞬で読者を作品世界に引き戻そう…

【2617冊目】 伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)作者:伊坂幸太郎祥伝社Amazon 「年またぎ『陽気なギャング』読破企画」続行中です。今日は2作目の「日常と襲撃」。というわけで、あけましておめでとうございます。2021年ですね。コロナ禍のなか、年が明けてもなか…

【2616冊目】伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)作者:伊坂幸太郎祥伝社Amazon 早いものでもう大晦日ですね。例年にない「静かな年末年始」とのことですが、どっちにしても本を読んでいるだけなので、たいして変化はありません。とはいえ、この「本スタグラム」をは…

【2615冊目】岩城宏之『オーケストラの職人たち』

オーケストラの職人たち (文春文庫)作者:岩城 宏之文藝春秋Amazon 岩城宏之のエッセイは面白い。本職が指揮者とは信じられないレベルです。日本エッセイスト・クラブ賞まで受賞しているくらいですからね。本書はその岩城マエストロが、オーケストラの「裏方…

【2614冊目】寺地はるな『ミナトホテルの裏庭には』

ミナトホテルの裏庭には (ポプラ文庫)作者:はるな, 寺地ポプラ社Amazon 今日読んだのは『ビオレタ』に続き寺地はるな。今回の主人公は男性です。祖父に頼まれて「ミナトホテル」の裏庭を開ける鍵を探す芯輔(しんのすけ)を中心に、やはり個性的でどこか達観…

【2613冊目】『蕗谷虹児』

蕗谷虹児 (らんぷの本)作者:蕗谷 虹児河出書房新社Amazon この人をご存知でしょうか。蕗谷虹児と書いて、フキヤコージと読みます。大正から昭和にかけて人気を博した画家であり、詩人です。少女のはかない美しさから、大人の女性の妖艶な美まで、とにかく女…

【2612冊目】望月峯太郎『座敷女』

座敷女 (ヤングマガジンコミックス)作者:望月峯太郎講談社Amazon アパートの隣の部屋のドアを叩く音。気になってドアを開けると、そこにいたのは紙袋をもったロングヘアーの大女。主人公、森ヒロシの悪夢がここから始まる。勝手に合鍵を作って部屋に上がり込…

【2611冊目】マーク・チャンギージー『〈脳と文明〉の暗号』

〈脳と文明〉の暗号: 言語と音楽、驚異の起源 (ハヤカワ文庫NF)作者:マーク・チャンギージー早川書房Amazon タイトルだけでは何の本なのかさっぱりわからないが、原題は「Harnessed」で、これには「自然の力をうまく利用する」というニュアンスがあるという…

【2610冊目】村田沙耶香『コンビニ人間』

コンビニ人間 (文春文庫)作者:村田 沙耶香文藝春秋Amazon 死んだ小鳥を前にみんなが泣いているのに「食べちゃおう」と提案するような、男の子の喧嘩を止めるためにスコップで頭を殴るような、そんな「規格外」の女の子だった古倉恵子が自分の居場所を見つけ…

【2609冊目】沢木耕太郎『深夜特急1 香港・マカオ』

深夜特急1 ー 香港・マカオ〈文字拡大増補新版〉 (新潮文庫)作者:沢木 耕太郎新潮社Amazon 「アパートの部屋を整理し、机の引出しに転がっている一円硬貨までかき集め、千五百ドルのトラベラーズ・チェックと四百ドルの現金を作ると、私は仕事のすべてを放擲…

【2608冊目】アンソニー・ホロヴィッツ『シャーロック・ホームズ 絹の家』

シャーロック・ホームズ 絹の家 (角川文庫)作者:アンソニー・ホロヴィッツ,駒月 雅子KADOKAWAAmazon まさか21世紀になって、ホームズの「新作長編」が読めるとは。むろん、著者はコナン・ドイルではなくアンソニー・ホロヴィッツだが、著作権管理団体コナン…

【2607冊目】千葉雅也『ツイッター哲学 別のしかたで』

ツイッター哲学: 別のしかたで (河出文庫)作者:千葉雅也河出書房新社Amazon こういう「哲学」もアリなのか、と最初は驚いた。断章形式で書かれた哲学書じたいは珍しくない。本書で紹介されているように、ニーチェもヴァレリーがそうだ。パスカル『パンセ』や…

【2606冊目】寺地はるな『ビオレタ』

ビオレタ (ポプラ文庫)作者:はるな, 寺地ポプラ社Amazon 最近よく名前を見るので気になっていた作家。この本はたまたま見かけて手に取ったけど、後から調べたらデビュー作とのこと。ポプラ社小説新人賞を受賞したらしい。だからというわけじゃないが、とって…

【2605冊目】河合隼雄『「老いる」とはどういうことか』

「老いる」とはどういうことか (講談社+α文庫)作者:河合 隼雄講談社Amazon 見開きごとに1つの記事で自在に綴る、「老い」にまつわるエッセイ集です。新聞連載がベースになっているらしく、それぞれ独立した内容ですが、それがかえって良い方向に作用してい…

【2604冊目】ジャック・カーリイ『デス・コレクターズ』

デス・コレクターズ (文春文庫)作者:ジャック カーリイ文藝春秋Amazon 異様な猟奇殺人の裏にちらつく、30年前の連続殺人犯の影。「彼」マーズデン・へクスキャンプは、信奉者の女性によって、裁判所で射殺されたはずなのに・・・。異常犯罪を専門に扱う部門P…

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』を勝手に読み解いてみます

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者:吾峠呼世晴 発売日: 2020/12/04 メディア: Kindle版 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』の勢いが止まりません。 コミックスは累計一億部を突破。映画の興行収入は歴代一位をすでに背中に捉え、コラボやグッズもいたるとこ…

【2603冊目】横山秀夫『ノースライト』

ノースライト作者:横山秀夫新潮社Amazon 横山秀夫といえば警察小説のイメージが強かったので、読んでちょっとびっくりした。主人公は建築士。殺人事件や大きな事故が起きるわけでもない。事件らしい事件といえば、主人公の青瀬が設計した家を発注した家族が…

【2602冊目】岸政彦『100分de名著 ブルデュー ディスタンクシオン』

ブルデュー『ディスタンクシオン』 2020年12月 (NHK100分de名著)作者:岸 政彦NHK出版Amazon こないだの月曜日、なんの気無しに見たEテレ「100分de名著」が思いのほか面白く、あわててテキストを購入しました。とくに「自分が好きなものや趣味は、自分で選ん…

【2601冊目】高橋ユキ『つけびの村』

つけびの村作者:高橋ユキ晶文社Amazon 2013年、山口県の山間の集落で起きた5人の殺害、そして放火を追ったノンフィクションです。被疑者の保見光成(ワタル)は、村人に嫌がらせをされている、悪口を言われているという「妄想」に基づき事件を起こしたとさ…

【2600冊目】姫野カオルコ『受難』

受難 (文春文庫)作者:姫野 カオルコ文藝春秋Amazon なんというか、まあ、ものすごい作品であった。男にとんと縁のない修道院育ちの「フランチェス子」。話しながら触れるだけで男を萎えさせ、バイブさえ破壊する「異能」の持ち主のアソコに、なんと人面瘡が…