自治体職員の読書ノート

自治体で働くソーシャルワーカーが、読んだ本を紹介します。

2020-07-12から1日間の記事一覧

【2521冊目】荒井裕樹『障害者差別を問いなおす』

『障害と文学』『差別されている自覚はあるか』など、先鋭的な視点で日本の障害者運動や障害者差別の歴史を追い続けてきた著者による、本気の「障害者差別論」。とはいえ、精神障害者や知的障害者への差別のこと、障害者権利条約や障害者差別解消法のこと等…