自治体職員の読書ノート

自治体で働くソーシャルワーカーが、読んだ本を紹介します。

2020-06-30から1日間の記事一覧

【2516冊目】アニー・デューク『確率思考』

著者の経歴が異色である。現在は意思決定コンサルタントとして活躍中とのことだが、その前はなんと、プロのポーカー・プレーヤーだったのだ。世界大会での優勝経験もあるというから、ギャンブラーのトッププロといっていい。。 本書は、そんな「賭けの達人」…