自治体職員の読書ノート

自治体で働くソーシャルワーカーが、読んだ本を紹介します。

2009-12-24から1日間の記事一覧

自治体職員がブログを書くということ

今読んでいる本にこんな記述がありました。 多くの市民は「専門家」をひとつのくくりとして考えている。学界の席ではともかく、その専門家同士が国民の前で科学論争をすることは、長期的に見て科学者の信頼を損なう行為だと吉川(※吉川肇子慶応義塾大学准教…