自治体職員の読書ノート・福祉版

福祉のこと、本のこと、などなど

【本以外】遅まきながら、自閉症啓発によせて

headlines.yahoo.co.jp

だいぶ日が経ってしまったが、4月2日は自閉症啓発デー、4月8日までが発達障害啓発週間。「月間」というのは、この記事で初めて知った。

 

知ったと言えば、ジョン・トラボルタの息子さんは自閉症だったんですね。しかも16歳で亡くなっているとのこと。合掌。

 

自閉症を知るために観ておくべき映画といえば、やっぱりコレでしょう。ダスティン・ホフマンの演技が圧巻。

 

 

 

自閉症に限らず、ということならいろいろあるが、個人的なイチオシはこれ。

 

 本作で自閉症の少年を演じるのはディカプリオ。歴代ディカプリオ作品の中で、実は演技ベストワンはこれだと思う。しかも兄ギルバート役はジョニー・デップ! 実は知られざる「夢の競演」映画でもあるのだ。

 

本もいろいろ良いものがある。中でも当事者の発信が増えてきたのがうれしい。まずはこれ。

 

 

自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)

自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)

 

 

海外ではこの人が有名。プロの研究者でもある。

 

自閉症の脳を読み解く どのように考え、感じているのか

自閉症の脳を読み解く どのように考え、感じているのか

 

こちらも読んだことのある人は多いだろう。

 

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)

 

 

内側から見て、はじめて見えてくるものがある。自閉症に限ったことではないが、感覚過敏など外から見えづらい特性は、やはり当事者の発信があってはじめて広く知られるようになった。発信すること、耳を傾けることの重要性は、いくら強調しても足りない。