自治体職員の読書ノート

読むために書くのか、書くために読むのか。

【51冊目】吾妻ひでお「失踪日記」

失踪日記

失踪日記

失踪、ホームレス、肉体労働、アルコール中毒という自身の体験を、赤裸々に、しかしコミカルに描いた漫画。いろんな賞を受賞したらしい。 前から気になっていたのだが、買ってよかった、というのが正直な感想。

リアルに書こう、あるいはセンセーショナルに描こうと思えばいくらでも描けるところを、あくまで淡々とユーモラスに描いている。自分の体験にもかかわらず、ここまで見事に距離を置き、クールに眺めていることにまず驚かされる。

さらに、決して細密な画ではないが、ちょっとしたディテールの細かさや具体性が光っており、実体験ならではのリアリティが感じられ、絶妙な味わいがある。

買った時にはいまさらという気もしたが、この漫画は面白い。特にホームレス願望、失踪願望を抱いた経験のある方であれば相当楽しめると思う。福祉事務所職員必読。