自治体職員の読書ノート

仕事は福祉系。読書は雑食性。業務連絡はnsa59871atmarkexcite.co.jpへどうぞ。

【2193冊目】ジム・トンプソン『残酷な夜』

「だが友よ、ほかのどこに行こうというのだね? この、絶えず狭まっていく挫折の輪の中で、どこに逃げ場があるというのだ?」(ジム・トンプソン『残酷な夜』p.308) 残酷な夜 (扶桑社ミステリー) 作者: ジムトンプスン,Jim Thompson,三川基好 出版社/メーカ…

【2192冊目】向田邦子『父の詫び状』

「思い出はあまりに完璧なものより、多少間が抜けた人間臭い方がなつかしい」(p.41) 父の詫び状 <新装版> (文春文庫) 作者: 向田邦子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2005/08/03 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 79回 この商品を含むブログ (113件) …

【2191冊目】田山輝明『成年後見読本』

成年後見読本 第2版 作者: 田山輝明 出版社/メーカー: 三省堂 発売日: 2016/02/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 成年後見制度の概要をわかりやすくまとめた一冊。単なる制度説明にとどまらず、改正前民法との比較、諸外国の制度の紹介、さら…

【2190冊目】杉浦日向子『百物語』

古より百物語と言う事の侍る 不思議なる物語の百話集う処 必ずばけもの現われ出ずると 百物語 (新潮文庫) 作者: 杉浦日向子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1995/11/30 メディア: 文庫 購入: 14人 クリック: 56回 この商品を含むブログ (98件) を見る ホラ…

【2189冊目】宮城公博『外道クライマー』

「右手は今にもちぎれそうな草を鷲掴みにし、左手は粘膜たっぷりのカエルの穴蔵に突っ込む。両足は泥だか岩だか分からないようなものに乗せ、なんとか手を伸ばして這い上がろうとすると、次に掴まなければならないのはヘビがとぐろを巻いている細い枝だ。下…

【2188冊目】大澤真幸『思考術』

「考えることは書くことにおいて成就する」 思考術 (河出ブックス) 作者: 大澤真幸 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2013/12/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (7件) を見る 考える。そのために、読む。著者は、書物を「思…

【2187冊目】ロベルト・ボラーニョ『ムッシュー・パン』

ムッシュー・パン (ボラーニョ・コレクション) 作者: ロベルト・ボラーニョ,松本健二 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2017/01/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 不穏な空気。不条理な物語。謎めいたスペイン人。会うことのできない患者。う…

【2186冊目】吉田敦彦『日本人の女神信仰』

日本人の女神信仰 作者: 吉田敦彦 出版社/メーカー: 株式会社 青土社 発売日: 2012/10/10 メディア: オンデマンド (ペーパーバック) この商品を含むブログを見る 「現在の人類の宗教と神話は明らかに、万物の母である尊い女神として神格化された大地を崇める…

【2185冊目】宮本太郎『共生保障』

共生保障 〈支え合い〉の戦略 (岩波新書) 作者: 宮本太郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/01/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 「共生」がキーワードになっているが、内容としては前著『生活保障』の延長線上にある一冊だ。制…

【2184冊目】佐藤究『QJKJQ』

QJKJQ 作者: 佐藤究 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/08/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 「家族全員が猟奇殺人者」という設定で「うげっ」と思った人こそ、一読をおススメしたい。いかにもな設定を次々と裏切り続けるプロット…

【2183冊目】森見登美彦『美女と竹林』

美女と竹林 (光文社文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2010/12/09 メディア: 文庫 購入: 19人 クリック: 336回 この商品を含むブログ (72件) を見る エッセイというか、メタエッセイというか。エッセイはふつう一人称だが、これは三人…

【2182冊目】マックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』

プロテスタンティズムの世俗内的禁欲は、所有物の無頓着な享楽に全力をあげて反対し、消費を、とりわけ奢侈的な消費を圧殺した。その反面、この禁欲は心理的効果として財の獲得を伝統主義的倫理の障害から解き放った、利潤の追求を合法化したばかりでなく、…

【2181冊目】高野秀行『イスラム飲酒紀行』

イスラム圏は異教徒も「込み」で成立していたのではないか。そう考えないと、イスラム圏のムスリムは、今でも異教徒に(略)驚くほど寛容で気遣いがあることが説明できない(高野秀行『イスラム飲酒紀行』p.314「あとがき」より) イスラム飲酒紀行 (講談社…

【2180冊目】星野道夫『旅をする木』

「東京での仕事は忙しかったけれど、本当に行って良かった。何が良かったかって? それはね、私が東京であわただしく働いている時、その同じ瞬間、もしかするとアラスカの海でクジラが飛び上がっているかもしれない、それを知ったこと・・・・・・」(星野道…

【2179冊目】山之内靖『マックス・ヴェーバー入門』

ヴェーバーはキリスト教文化が内包する合理化の普遍性を一貫して強調したのです。そして、その普遍性にこそ恐るべき運命的な力が宿っていること、ここに警告を発していたのです(山之内靖『マックス・ヴェーバー入門』)p.220 マックス・ヴェーバー入門 (岩…

【2178冊目】デニス・ルへイン『夜に生きる』

「おれたちがサービスする客は(略)夜を訪ねる。だが、おれたちは夜を生きてる。客はおれたちの持ち物を借りる。つまり、うちの砂場で遊ぶわけだから、こっちはそのひと粒ひと粒から利益を得なきゃならない」(デニス・ルへイン『夜に生きる』p.37) 夜に生…

【2177冊目】阿部謹也『自分のなかに歴史をよむ』

「これまでの歴史の書物では、事件の流れを追えば、一応歴史は理解されたと考えられていたように思われます。けれども私はただ事件の流れを追うだけでなく、理解し、解りたいと考えているのです。解るということは自分の奥底で納得するということですから、…

『論語』の寂莫

「子、川の上(ほとり)に在りて曰わく、逝く者は斯くの如きか。昼夜を舎(や)めず(孔子)」≪訳≫先生が川のほとりでいわれた。「すぎゆくものはこの(流れの)ようであろうか。昼も夜も休まない」 論語 (岩波文庫 青202-1) 作者: 金谷治訳注 出版社/メーカ…

【2176冊目】アンドレア・ウルフ『フンボルトの冒険』

「自然は「生命の網」であり、地球規模の力なのだとフンボルトは気づいた。ある研究仲間がのちに述べたところによると、フンボルトはすべてが「千本の糸」でつながっていると理解したはじめての人だった。この新しい自然観が、こののち人びとが世界を見る目…

狩野博幸『もっと知りたい河鍋暁斎』

「少なくとも、江戸から明治を生きた画家のなかで、暁斎ほど筆の力を持った者はひとりもいない」(狩野博幸『もっと知りたい河鍋暁斎』p.88) もっと知りたい河鍋暁斎―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション) 作者: 狩野博幸 出版社/メーカー: 東京美…

【2175冊目】橋爪大三郎『面白くて眠れなくなる社会学』

面白くて眠れなくなる社会学 作者: 橋爪大三郎 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/11/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 社会学とは何か。「社会の法則」をあきらかにする学問である。社会の法則は、自然法則ほ…

【2174冊目】東山彰良『流』

流 作者: 東山彰良 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/05/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (113件) を見る とてつもない小説。とんでもない傑作。かつて虐殺行為を働いた祖父をもつ主人公の若き日々。悪友と遊び歩き、恋に身を焦がし、兵役に…

【2173冊目】安田登『異界を旅する能』

異界を旅する能 ワキという存在 (ちくま文庫) 作者: 安田登 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2011/06/10 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (12件) を見る 能には「シテ」と「ワキ」がある。夢幻能では、「シテ」は幽霊など…

【2172冊目】奥井智之『社会学の歴史』

社会学の歴史 作者: 奥井智之 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2010/09 メディア: 単行本 クリック: 16回 この商品を含むブログ (10件) を見る 社会学とは、社会に関する学問だ。では、そもそも社会とは何なのか。社会学の創始者といわれるオーギュ…

【2171冊目】アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ『熊と踊れ』

熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者: アンデシュ・ルースルンド,ステファン・トゥンベリ,ヘレンハルメ美穂,羽根由 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2016/09/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (15件) を見る 熊と踊れ(下)(ハヤカワ・ミステ…

【2170冊目】伊藤比呂美『父の生きる』

父の生きる (光文社文庫) 作者: 伊藤比呂美 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/06/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 自分が死ぬ前って、どんなふうなんだろう。「もう生きるのは十分」って思ってるのかな。それとも「まだまだ生き足りない…

【2169冊目】橋爪大三郎・大澤真幸ほか『社会学講義』

社会学講義 (ちくま新書) 作者: 橋爪大三郎,大澤真幸,若林幹夫,吉見俊哉,野田潤,佐藤郁哉 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/09/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 社会学のイロハを、サブジャンルごとにまとめた概説書。「社会学…

【2168冊目】スティーヴン・キング『ミスター・メルセデス』

ミスター・メルセデス 上 作者: スティーヴン・キング,白石朗 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/08/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (15件) を見る ミスター・メルセデス 下 作者: スティーヴン・キング,白石朗 出版社/メーカー: 文藝春秋 …

【2167冊目】伊藤比呂美『女の一生』

女の一生 (岩波新書) 作者: 伊藤比呂美 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2014/09/27 メディア: 新書 この商品を含むブログ (7件) を見る 娘であること。セックス。恋愛。仕事。結婚。出産。育児。不倫。夫。姑。更年期。閉経。介護。老い。死。女(女性、…

【2166冊目】読書猿『アイデア大全』

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール 作者: 読書猿 出版社/メーカー: フォレスト出版 発売日: 2017/01/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る これほどの期待感をもって本を読んだのは久しぶり。読後感が、その期待…

【2165冊目】デニス・ルへイン『運命の日』

運命の日(上)〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 作者: デニス・ルヘイン,加賀山卓朗 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2012/03/05 メディア: 文庫 クリック: 5回 この商品を含むブログ (14件) を見る 運命の日(下)〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 作者: デニス・…

【2164冊目】高橋源一郎『読んじゃいなよ!』

読んじゃいなよ!――明治学院大学国際学部高橋源一郎ゼミで岩波新書をよむ 作者: 高橋源一郎,鷲田清一,長谷部恭男,伊藤比呂美 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/11/30 メディア: 新書 この商品を含むブログ (9件) を見る 明治学院大学「高橋ゼミ」のや…

【2163冊目】ロバート・B・ライシュ『最後の資本主義』

最後の資本主義 作者: ロバート・B.ライシュ,Robert B. Reich,雨宮寛,今井章子 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2016/12/02 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 政府があって、それとは独立して「自由市場」がある。政府は「自由…

【2162冊目】デニス・ルヘイン『ミスティック・リバー』

ミスティック・リバー (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者: デニスルヘイン,加賀山卓朗 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/12/20 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 32回 この商品を含むブログ (39件) を見る ジャンルとしてはミステリーになるのだろう…

【2161冊目】小澤祥司『ゾンビ・パラサイト』

ゾンビ・パラサイト――ホストを操る寄生生物たち (岩波科学ライブラリー) 作者: 小澤祥司 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/12/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る ホラー小説のようなタイトルだが、中身は純然た…

【2160冊目】榎本まみ『督促OL修行日記』

督促OL 修行日記 (文春文庫) 作者: 榎本まみ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/03/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 朝から晩まで、客には怒鳴られ、上司には叱られまくるストレスフルな仕事、それが「督促」。本書は、そんなハ…

【2159冊目】中村文則『王国』

王国 (河出文庫 な) 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/04/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 前に読んだ『掏摸[スリ]』の姉妹編とのことだが、内容はほぼ完全に独立している。というか、前作の内容自体ほと…

【2158冊目】マット・リドレー『やわらかな遺伝子』

やわらかな遺伝子 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者: マット・リドレー,中村桂子,斉藤隆央 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/07/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 人間は、遺伝子によってすべての行動がプログラムされたロ…

【2157冊目】長谷部恭男『憲法学のフロンティア』

憲法学のフロンティア 作者: 長谷部恭男 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1999/10/24 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (16件) を見る 「憲法」という言葉がタイトルに出てくる本といえば、法学者による解説書か、護憲もし…

【2156冊目】稲垣足穂『ヰタ・マキニカリス』

ヰタ・マキニカリス: 21世紀タルホスコープ (河出文庫) 作者: 稲垣足穂 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/12/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る タルホの文芸は、タルホにしか書けない。一行目から、それがどこにもない世界であるこ…

【2155冊目】ヤマザキマリ『男性論』

男性論 ECCE HOMO (文春新書 934) 作者: ヤマザキマリ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/12/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (7件) を見る ハドリアヌス。プリニウス。フェデリーコ2世。ラファエロ。スティーヴ・ジョブス。安部公房。水木し…

【2154冊目】後藤絵里『産まなくても、育てられます』

産まなくても、育てられます 不妊治療を超えて、特別養子縁組へ (健康ライブラリー) 作者: 後藤絵里 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/11/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 「特別養子縁組」について、具体的なケースを…

【2153冊目】井上ひさし『表裏源内蛙合戦』

表裏源内蛙合戦 (新潮文庫 い 14-2) 作者: 井上ひさし 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1975/03 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 表題作と「日本人のへそ」の2篇が入った一冊。初期の戯曲ということになるが、最初からこんな作品を書い…

【2152冊目】リチャード・スティーヴンズ『悪癖の科学』

悪癖の科学--その隠れた効用をめぐる実験 作者: リチャード・スティーヴンズ,藤井留美 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2016/08/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 「悪癖」と呼ばれるものにも、良い面はあるはずだ。そうした「…

【2151冊目】宇野重規『保守主義とは何か』

保守主義とは何か - 反フランス革命から現代日本まで (中公新書) 作者: 宇野重規 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2016/06/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (9件) を見る 「保守」があって「革新」がある、のではない。順序からいえば「革新…

【2150冊目】スティーヴン・キング『ジョイランド』

ジョイランド (文春文庫) 作者: スティーヴンキング,Stephen King,土屋晃 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 舞台は昔ながらの遊園地、ジョイランド。観覧車、メリーゴーラウンド、射的、着ぐ…

【2149冊目】大崎善生『いつかの夏』

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件 作者: 大崎善生 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/11/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 2007年夏に起きた「名古屋闇サイト殺人事件」。本書はその被害者の、わずか31年の生涯に焦点をあてた…

【2148冊目】井手英策『18歳からの格差論』

18歳からの格差論 作者: 井手英策 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2016/06/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 著者の主張をわかりやすくまとめた一冊。イラストもふんだんに盛り込まれていてソフトなイメージだが、書かれて…

【2147冊目】松田青子『ワイルドフラワーの見えない一年』

ワイルドフラワーの見えない一年 作者: 松田青子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/08/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る これは小説? エッセイ? ショートショート? それとも散文詩? これまで読んだことのない、奇妙な…

【2146冊目】清水潔『「南京事件」を調査せよ』

「南京事件」を調査せよ 作者: 清水潔 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/08/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る この本には、2つの疑問に対する答えが書かれている。 ひとつは「南京事件とは何だったのか」。 もうひとつは「南…