自治体職員の読書ノート

自治体で働くソーシャルワーカーが、読んだ本を紹介します。

【2486冊目】松本俊彦『自分を傷つけずにはいられない』

自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント 作者:松本 俊彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/02/18 メディア: 新書 Q1 リストカットなどの自傷をするなんて、どうせごく一部の人の問題でしょ? A1 違います。10代の若者に限っ…

【2485冊目】井村雅代『シンクロの鬼と呼ばれて』

シンクロの鬼と呼ばれて (新潮文庫) 作者:井村 雅代,松井 久子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/10/28 メディア: 文庫 日本で6大会、中国で2大会、そしてふたたび日本で1大会。著者は、なんと9回のオリンピックでシンクロ選手にメダルを取らせてき…

【2484冊目】塩浜克也・米津孝成『疑問をほどいて失敗をなくす 公務員の仕事の授業』

疑問をほどいて失敗をなくす 公務員の仕事の授業 作者:塩浜 克也,米津 孝成 出版社/メーカー: 学陽書房 発売日: 2019/12/10 メディア: 単行本 役所に限らず、どんな職場でも「最初の先輩」はたいせつだ。特に新人職員にとっては、社会人のイロハや組織のルー…

【2483冊目】上橋菜穂子『精霊の守り人』

精霊の守り人 (新潮文庫) 作者:上橋 菜穂子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/03/28 メディア: 文庫 言わずと知れた、現代日本に生まれた傑作異世界ファンタジー「守り人シリーズ」の第一作である。 ちょうどこの本が出たころはファンタジーから遠ざか…

【2482冊目】ヴィクトル・ユゴー『死刑囚最後の日』

死刑囚最後の日 (岩波文庫 赤 531-8) 作者:ヴィクトル・ユーゴー 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1982/06/16 メディア: 文庫 死刑廃止を訴えるのに、若き日の文豪ユゴーが選んだ方法は、一人の死刑囚の最後の一日を克明に記すことだった。余計な要素をギ…

【2481冊目】一柳廣孝・久米依子『ライトノベル研究序説』

ライトノベル研究序説 作者:一柳 廣孝,久米 依子 出版社/メーカー: 青弓社 発売日: 2009/04/01 メディア: 単行本 未踏の原野が広がっている。ライトノベルという名の原野である。 私が中学生~高校生の頃は、そもそもライトノベルという名前自体がなかった。…

【2480冊目】今西錦司『生物の世界』

生物の世界 (講談社文庫) 作者:今西 錦司 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1972/01/15 メディア: 文庫 1941年に「遺書のつもりで」書いたという、今西錦司最初の生物学系の本。本当に大事なこと、本当に必要なことだけを絞り込み、急き立てるように論を展開…

【2479冊目】小此木啓吾『対象喪失』

対象喪失―悲しむということ (中公新書 (557)) 作者:小此木 啓吾 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 1979/11/21 メディア: 新書 死別、離婚、失恋。大切な人との別れは人生につきものだ。そんな時、人はどのようにして悲しみを乗り越えるのかについて、…

【2478冊目】川上未映子『ヘヴン』

ヘヴン (講談社文庫) 作者:川上 未映子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/05/15 メディア: 文庫 苛め(著者は「いじめ」でも「イジメ」でもなく「苛め」と書く)を扱った小説ということは知っていた。たしかに、かなりひどい苛めの描写が頻繁に登場する…

【2477冊目】クリス・クラッチャー『ホエール・トーク』

ホエール・トーク 作者:クリス クラッチャー 出版社/メーカー: 青山出版社 発売日: 2004/04 メディア: 単行本 主人公のT・Jは黒人と白人と日系の混血で、IQ高くスポーツ万能、ドラック中毒の母親から引き離されて養父母のもとで育てられている高校生。通…

【2476冊目】手塚治虫『鉄の旋律』

鉄の旋律―The best 3 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫) 作者:手塚 治虫 出版社/メーカー: 秋田書店 発売日: 1994/03/01 メディア: 文庫 「黒手塚」全開の短編3本を収録した一冊。手塚治虫のダークサイド。 「鉄の旋律」は、冒頭こそゴッドファーザーの漫…

【2475冊目】福田ますみ『モンスターマザー』

モンスターマザー: ―長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い― (新潮文庫) 作者:福田 ますみ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/01/27 メディア: 文庫 いやあ、怖い本だった。読んでいて思い出したのは『黒い家』だが、あちらは小説。本書はノン…

【2474冊目】髙橋秀実『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫) 作者:高橋 秀実 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/02/28 メディア: 文庫 驚くべき一冊。これは野球の革命だ。練習は週1回。試合ではサインは出さない。エラーはあって当たり前。それより勢…

【2473冊目】松本俊彦『薬物依存症』

薬物依存症 (ちくま新書) 作者:松本 俊彦 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/09/06 メディア: 新書 「ダメ、ゼッタイ」を連呼する薬物教育。薬物所持で逮捕された芸能人を声高にバッシングするマスメディア。「薬物依存は犯罪だから、一度でも使ったら…

【2472冊目】山田風太郎『あと千回の晩飯』

あと千回の晩飯 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫) 作者:山田 風太郎 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2011/12/22 メディア: 文庫 人を食った、という表現がぴったりのエッセイ集。残りの人生で食べられる晩飯はあと千回くらいか、というところか…

【2471冊目】葉真中顕『ロスト・ケア』

ロスト・ケア (光文社文庫) 作者:葉真中 顕 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/02/10 メディア: 文庫 デビュー作というのが信じられないほどの、重厚な社会派ミステリー。超高齢社会を迎えた現代の日本のありようを、迫真のリアリティで描き出す。 「地…

【2470冊目】ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』

マクベス (新潮文庫) 作者:シェイクスピア 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1969/09/02 メディア: 文庫 言わずと知れたシェイクスピア四大悲劇のひとつである。本文わずか112ページ。だがその中に、人類の体験しうるもっとも深く、もっともおぞましいドラマ…

【2469冊目】岡田哲『明治洋食事始め とんかつの誕生』

明治洋食事始め――とんかつの誕生 (講談社学術文庫) 作者:岡田 哲 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/07/11 メディア: 文庫 いきなりですが、クイズです。次の料理を、誕生した順番に並べて下さい。いずれも明治維新以降の日本人が作り上げた傑作です。 …

【2468冊目】柏木亮二『フィンテック』

フィンテック (日経文庫) 作者:柏木亮二 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2017/07/20 メディア: オンデマンド (ペーパーバック) 金融の世界に、今とんでもないことが起きているらしい。電子マネーからスマートフォンバンキング、クラウドファン…

【2467冊目】川北稔『8050問題の深層』

8050問題の深層: 「限界家族」をどう救うか (NHK出版新書) 作者:川北 稔 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2019/08/30 メディア: 単行本 「ひきこもり」「8050問題」の現状を、データ、具体例、問題点、解決策にわたり、コンパクトかつバランスよく捉え…

【本以外】映画『パラサイト 半地下の家族』を観てきました

韓国初のパルムドールを獲った話題作。一部ネタバレがありますので、未見の方はご注意を。 貧困や格差を正面から扱った作品としては、日本なら『万引き家族』、米国なら『JOKER』があるが、これもその系譜に連なる一作。家族がもうひとつのテーマになっ…

【2466冊目】工藤美代子『悪名の棺 笹川良一伝』

悪名の棺 笹川良一伝 (幻冬舎文庫) 作者:工藤 美代子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2013/04/10 メディア: 文庫 福祉の仕事をやっていると「日本財団」という名前をよく見るが、そのたびにこの人の社会への貢献の大きさを思わされる。だがその業績は、果…

【2465冊目】パトリック・ジュースキント『香水』

ある人殺しの物語 香水 (文春文庫) 作者:パトリック ジュースキント 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2003/06/10 メディア: 文庫 生まれつき人間離れした嗅覚をもつグルヌイユが主人公。なんといっても、グルヌイユの視点(嗅点?)からの「匂いによって…

【2464冊目】日高敏隆『世界を、こんなふうに見てごらん』

世界を、こんなふうに見てごらん (集英社文庫) 作者:日高 敏隆 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2013/01/18 メディア: 文庫 日本の動物行動学のパイオニアであり、たぶん日本でもっともチャーミングな学者のひとり、日高敏隆の晩年のエッセイ集。たいへんに…

【本以外】ゴッホ展に行ってきました

思いがけず急に予定が空いたので、休みを取って上野の森美術館の「ゴッホ展」に行ってきました。13日までの開催なので半ばあきらめていたところだったので、ラッキーでした。 雨天の平日ということでそんなに混んでないかな、と思っていたのですが、行って…

【2463冊目】南直哉『仏教入門』

仏教入門 (講談社現代新書) 作者:南 直哉 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/07/17 メディア: 新書 この著者の本は、以前『老子と少年』を読んだ。未だに忘れられない本だ。著者は禅僧とのことだが、あの本はまったく「仏教臭さ」を感じなかった。むしろ…

【2462冊目】安丸良夫『神々の明治維新』

神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈 (岩波新書 黄版 103) 作者:安丸 良夫 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1979/11/20 メディア: 新書 幕末から明治初期にかけて日本中を吹き荒れた「廃仏毀釈」とはなんだったのか。いや、そもそも、それまで習合していた…

【2461冊目】池上正樹『ルポひきこもり未満』

ルポ ひきこもり未満 レールから外れた人たち (集英社新書) 作者:池上 正樹 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2018/09/14 メディア: 新書 紹介しようかどうしようか、最後まで迷った一冊。この「読書ノート」では、自分が手に取った本の半分くらいを紹介して…

【本以外】『スター・ウォーズ エピソード9 スカイウォーカーの夜明け』を観てきました

一部ネタバレがありますので、ご注意を。 圧巻の142分。予測を次々に裏切り続けながら、スター・ウォーズ・サーガの基本ラインはしっかり守り、とにもかくにも42年間のクライマックスを作り上げたエイブラハム監督の手腕に拍手。 ずらりと並ぶスター・…

【2460冊目】川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』

すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫) 作者:川上 未映子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/10/15 メディア: 文庫 あけましておめでとうございます。今年も良い本に出会えますように。 さて、2020年の一冊目は、ひさびさの川上未映子。相変わらず、…